コインパーキング経営に向いている・向いていない土地の特徴

コインパーキング経営は、有効な土地活用方法の1つです。 特に、コインパーキング経営に向いている土地を上手に活用できれば、さまざまなメリットを得られます。

 

では、どのような土地でコインパーキング経営を始めるとよいのでしょうか。

 

本記事では、コインパーキング経営に向いている土地と、向いていない土地の特徴を紹介します。 「私有地をコインパーキングとして活用したい」とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

コインパーキング経営に向いている土地の特徴

コインパーキング経営を行う場合は、事前に周りの環境や車路幅を確認しておくことが大切です。 具体的にどのような土地が適しているのか、以下にて詳しく説明します。

 

特徴①周りに病院や飲食店がある

病院や飲食店のなかには、専用の駐車場を持っていないところもあります。 そのようなときに、近くにコインパーキングがあれば、車で移動している方の多くが利用するでしょう。

 

特に、病院であれば、患者や見舞客の利用が多くなることも考えられるので、コインパーキングの収益が上がることが期待できます。

 

特徴②周りに常に満車のコインパーキングがある

土地の周りに複数のコインパーキングがあり常に満車という状態であれば、コインパーキングの利用者が多いと判断できます。 コインパーキングが常に満車ということは、車を停められずに困っている方が多いということも考えられます。

 

そのため、需要が高い土地で新たにコインパーキング経営を始めれば、多くの方からの利用が見込めるでしょう。

 

特徴③周りに多くの方が訪れる観光地がある

観光地に訪れる方は、遠方から車で訪れる場合が多いです。 そのため、周りに観光地がある場所はコインパーキング経営に適しています。

 

特に、季節のイベントを開催している観光地は通常時よりも多くの方が訪れる時期があり、コインパーキングの需要も高くなります。 また、人が多く訪れる時期に合わせて、コインパーキングの利用料金を高く設定することで、より高い利益を得られるでしょう。

 

特徴④車路幅が5メートル以上ある

狭い土地でもコインパーキングとして活用できますが、基本的には車路幅を5メートル以上確保することが望ましいです。 なぜなら、車路幅が狭いと大きな車を駐車することが難しいからです。

 

また、車の運転に慣れていない方も、車路幅が狭いと車を停めづらいと感じるでしょう。 そのため、車や人を選ばずに多くの方に利用してもらいたい場合は、車路幅を5メートル以上確保できる設計にすることがおすすめです。

 

コインパーキング経営に向いていない土地の特徴

周りの環境によっては、コインパーキング経営に適していない土地もあります。 コインパーキングに不向きな場所で経営を始めてしまうと、思ったように収益を得られず、赤字になるということも考えられます。

 

以下に該当する土地はコインパーキングに向いていないため、ほかの方法を検討しましょう。

 

特徴①車通りが少ない

車通りが少ない土地は、コインパーキングの需要が低いため、コインパーキング経営はおすすめできません。 特に、学生が多い街や周りに建物がない場所は、必然的に車通りが少なくなります。

 

コインパーキングを設置したら、利用者が少なく赤字になってしまったという事態を防ぐためにも、事前に土地の周りの環境を調べて需要があるのかどうかを判断しましょう。

 

特徴②周りに競合の駐車場が多い

近くに大型駐車場などの、競合となる駐車場が周りに多くある場合は、コインパーキング経営を行うリスクが高いです。 多くのコインパーキングは時間単位で利用料金が発生するシステムですが、商業施設が持つ大型駐車場のなかには、平日は利用料金を無料に設定しているところもあります。

 

そのため、周りに競合となる駐車場がある場所で経営を始めると、ほかの駐車場へ人が流れてしまい、安定した収益を得られないかもしれません。

 

コインパーキング経営だからこそ活用できる場所

コインパーキング経営のほかに、土地活用方法にはアパートやマンション経営などがあります。 しかし、これらの経営を行う場合、コインパーキング経営よりも多くの条件が必要です。

 

以下の3つの場所は、アパートやマンション経営には適していませんが、コインパーキングとしては活用できます。

 

場所①契約者のいない私有の駐車場

契約者のいない私有の駐車場を、コインパーキングとして有効活用することが可能です。 たとえば、アパートやマンションの1階部分に駐車場を設置している場合、入居者が契約をしていないとその駐車場は空きスペースになってしまいます。

 

このような空きスペースを有効活用したい場合は、思い切ってコインパーキングに変えることがおすすめです。 そうすることで、住民の来客や周りにある施設を利用する方に向けた駐車場として活用できるでしょう。

 

場所②将来的に売却を考えている土地

コインパーキング経営は、将来的に土地を売却したいとお考えの方にも向いている土地活用方法です。 なぜなら、コインパーキングは特定の方と契約を結ぶわけではないため、土地を売却したいと思ったときにすぐに売却できます。

 

また、コインパーキングは設備が少ないので、撤去するためにかかる期間も比較的短く、コストもさほどかかりません。 そのため、将来的な私有地の売却を視野に入れている場合は、コインパーキング経営を行うとよいでしょう。

 

場所③狭くて変形している私有地

狭くて変形している私有地は、アパートやマンション経営には向いていませんが、コインパーキング経営には利用できます。 コインパーキングは、1台の車を停められるスペースがあれば成り立ちます。

 

また、三角地や傾斜がある場所でも、コインパーキングとしての需要が高い場所であれば、収益を得られるでしょう。


別記事で、コインパーキング経営に適した土地の特徴や、実際に土地を探す際の方法を紹介しておりますので、併せてぜひご覧ください。

周りの環境や車路幅の条件がよい土地が、コインパーキング経営に向いている

いかがでしたでしょうか?

 

周りに店が多い場所や観光地がある場所は、車通りが多いため、コインパーキングの需要が高いです。 また、近くに満車のコインパーキングがある場合も、新たなコインパーキングを設置することで、多くの方の利用が期待できます。

 

本サイトでは、コインパーキング経営の業者ランキングをご紹介しています。 コインパーキング経営を業者に委託したいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

 

 

コインパーキング経営・駐車場経営のおすすめ業者やお役立ち情報について詳しく知りたい方はコチラ
ぜひチェックしてください!