コインパーキング経営で儲かる仕組みとは?短期間での収益化が魅力!

コインパーキング経営で、売上アップを図るにはどうすればいいのでしょうか?

「“コインパーキング経営は、収益を上げるいい手段”と聞いたけど、どうしたら上手くいくのか分からない……」と悩んでいる方もいると思います。

 

そのような方々向けに、ここではコインパーキングで儲ける方法を紹介。

「コインパーキング経営で、もっと売上を上げたい!」と思っている方は、参考にしてください。

コインパーキング経営で儲かる仕組みについて

コインパーキング経営で儲けるにはどのような仕組みを採用すればいいのでしょうか。

ここでは、コインパーキング経営の2つの経営スタイルを紹介します。

個人経営

機器の設置から日々の管理まで、すべて自分自身で行う方法です。

収益はすべて自分のものになりますが、管理の手間が発生します。

業者委託

管理業務等を業者に委託する方式。 コインパーキングの経営そのものをまるまる委託する、土地賃貸方式もあります。

 

業者に管理を任せられるため、手間がかからないのがメリット。

しかし、手数料などを支払わなくてはならないため、手元に残る資金は少なくなります。

業者に委託する魅力

コインパーキング経営を、業者委託する2つの魅力を紹介します。

魅力① 短期間で収益化が実現される

コインパーキング経営を業者委託する際の魅力としては、短期間で収益化が実現されるという点です。

個人経営の場合は、初期投資がかかり、毎月ランニングコストもかかることから、いつ儲かることができるのか、見通しが難しいと言われています。

 

しかし、業者委託であれば、契約してから1ヶ月も経たないうちに、最初の収益を手に入れることが可能です。

短期間で収益化が実現されるので、土地を上手く活用して儲かることを意識するのであれば、業者委託でコインパーキング経営を検討した方がいいでしょう。

魅力② 利用者に関係なく定額の安定感

コインパーキング経営を業者委託すれば、利用者が少ない月があったとしても、毎月定額が収益として入る仕組みになっています。

 

個人経営の場合は、利用者の有無で収益が変化しますが、業者委託の場合は、毎月の賃料が収益であるため、利用者の有無に関係なく、収益を得ることが可能です。

 

月によっては天候が悪く、利用者が減るといった経営上でのトラブルが発生することはあるでしょう。

それでも業者委託は、定額を設けることができるので、安心感があるのが魅力です。

 

コインパーキング経営で儲かる仕組みは、このように賃料を受け取っているからこそ、実現されています。

個人経営でコインパーキング経営を行い、高い収益を目指すのもいいですが、経営の手間や面倒な手続きを考えると、業者委託の方がおすすめです。

 

どのような経営方法がいいのか、よく検討してからコインパーキング経営を実践してみてください。

コインパーキング経営でより儲けるには

コインパーキング経営にて、さらに利益を上げる方法をお伝えします。

ポイント① コインパーキング経営に向いているかどうかを調べる

コインパーキングビジネスは、適した土地で始めましょう。

例えば、適度に交通量があったり、幅4メートル以上あったりする敷地は、コインパーキング経営に適しているといえます。

 

ほかにも、平坦な土地は造成工事の必要がないので、コインパーキングに向いています。

また裏通りといった細い道に面している土地も、固定資産税が安く、コインパーキング向きです。

 

手元にある土地がコインパーキングに向いているかどうかが分からないときは、専門業者に相談してみるのもいいと思います。

 

ポイント② 需要がある場所をリサーチしておく

ターミナル駅の周辺やデパートなどの商業施設・病院の近くといった、需要のある地域にてコインパーキング経営を始めましょう。

 

また周囲にコインパーキングがどのくらいあるかも大切です。

近隣にコインパーキングがたくさんあるのは、需要があるということ。

 

しかし、数は多いものの、稼働率が低いようでしたら、そのエリアのコインパーキングは供給過剰の状態です。

コインパーキングの需要は、競合の参入によって大きく変わってきます。

 

そのため、オープンしたあとも、常に周囲の状況をチェックしましょう。

ポイント③ 実質利回りで計算する

利回りには、表面利回りと実質利回りの2種類があります。

コインパーキングの利回りは、実質利回りで考えましょう。

 

実質利回りは、ランニングコストや初期費用、稼働率なども含めて計算します。

そのため、表面利回りより、現実的な数値が出てきます。

ポイント④ 競合に負けないよう価格設定をこまめに変更する

コインパーキングは、参入障壁が低いビジネスです。

そのため、新たなコインパーキングができたあと、あっという間に顧客がいなくなってしまった、ということも頻発します。

 

競合に負けないためにも、料金設定をこまめに見直して、対抗していきましょう。

料金を変更するといっても、値下げを推奨しているわけではありません。 表現を変えるのです。

 

例えば、競合が400円/1時間だったら、200円/30分で貸し出す。

30分以内で利用するお客様は、200円/30分のコインパーキングを選ぶ可能性が高くなりますよね。

このような工夫によって、お客様の流出を防ぎます。

ポイント⑤ 精算機の駐車履歴で顧客の動向を把握する

精算機内の駐車履歴データ等を活用して、お客様のニーズ・動向を把握することも大切です。

 

近年は、駐車場の状況をリアルタイムに把握できるシステムを導入して、利用率やリピート率の向上を目指す人も増えています。

 

売上情報などを収集・分析すれば、最適な料金設定を行える可能性がアップします。

例えば、夜間の出庫台数が多い場合は、深夜料金を値上げするといいかもしれません。

 

このようにデータ等も活用して、最適な方法で運営していきましょう。

コインパーキング経営の収入例

コインパーキング経営の収入例を紹介します。

コインパーキング経営の収入は、エリアや稼働率などによって大きく変動します。

あくまでも一例として、ご確認いただければと思います。

地方部の場合

地方でコインパーキングを経営した場合の収入例を紹介しましょう。

地方では、200~600円/1時間ほどで、コインパーキングを借りられることが多いです。

 

□土地の広さ:50㎡

□駐車可能台数:3台

□料金:300円/1時間

□稼働率:30%

 

上記の場合の年間収入は以下のようになります。

300円×3台×24時間×365日×30%=236万5,200円 だいたい230万円の収益が上がることが分かります。

都心部の場合

都内のコインパーキングの収入事例をお伝えします。

都心の場合、コインパーキングの1時間あたりの値段が1,000円を超えることも珍しくありません。

とくに、東京や大阪といった大都市圏の場合、600円~/1時間かかります。

 

□土地の広さ:50㎡ □駐車可能台数:3台

□料金:600円/1時間

□稼働率:35%

 

上記をもとに、年間の収入を計算してみましょう。

600円×3台×24時間×365日×35%=551万8,000円 この場合、年間で約550万円の収入を得られることになります。

コインパーキング経営で売上アップを図ろう

コインパーキング経営で儲ける方法についてお伝えしました。

一口に“コインパーキング経営”といっても、適切な経営方法や収入の相場などはエリア等によって異なります。

 

本サイトでは、コインパーキング経営の業者ランキングをご紹介しております。ぜひご覧ください。