コインパーキング経営は土地なしでもよい?儲けるコツも紹介

「コインパーキング経営を始めたいが、土地がない……」

このようなお悩みを持っている方も少なくはありません。

しかし、コインパーキング経営は土地なしの状態からでもスタートできるということをご存じでしょうか。

 

そこでこの記事では、土地なしでコインパーキング経営を始めるときの儲けるコツや注意点を解説します。

土地なしだがコインパーキング経営に興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

土地なしでコインパーキング経営はできるのか

コインパーキングの経営といえば、すでに土地の所有者でなければ始められないイメージがあると思います。

しかし、実際は土地なしでコインパーキングを経営することは可能です。現時点で土地を所有していなくても、経営を検討した段階で土地を購入することはできます。

また、条件によっては格安の土地を購入することもできるため、初期費用を抑えつつコインパーキングの経営を始めやすいといえます。

土地なしでコインパーキング経営を始めても儲かる理由

コインパーキング経営は土地なしでも始められることがわかりましたが、仮に土地なしで始めた場合でも、しっかりとした儲けを得られるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、儲けることは十分可能です。

その理由としては、土地を買ってもローンの返済額への影響が少ないという点、そしてコインパーキングは需要の変化による影響が少ないという点が挙げられます。

 

以下に、上記2つの理由を詳しく解説します。

 

理由①土地を買ってもローンの返済額への影響が少ないため

 

コインパーキング経営は、不動産投資のなかでもコストをそこまでかけずとも経営できる方法です。

コインパーキング経営にかかる費用は、経営を始めるときにかかる初期費用と、始めてから発生する運営・管理の費用です。

 

初期費用は土地の整備や設備の購入・設置に対して発生します。

土地の整備は、具体的には土地の整地やアスファルト・コンクリートの舗装、そしてライン引きなどを行います。

また、最初に必要な設備は精算機や看板・照明などです。

 

そして、始めてからの運営・管理にかかる費用は、たとえば施設内の清掃・巡回や設備のメンテナンスにかかるものが挙げられます。

一方で、マンション・アパート経営のように建物を伴う不動産投資では、上記のような初期費用や運営・管理の費用よりも大規模な金額が発生します。

特に、建物には老朽化が付き物なので、数年に1度は大規模な修繕をする必要性も出てくるのです。

 

つまり、コインパーキング経営はマンション・アパート経営よりもコストを抑えて経営できるということです。

そのため、土地を購入してからコインパーキング経営を始めても、毎月のローンがそこまで大きな負担になることはないと考えられます。

ただ、もちろんローンの返済額にもよるところではあるでしょう。

 

理由②コインパーキングは需要の変化による影響が少ないため

 

コインパーキングはマンション・アパートと比べると需要の変化による影響が少ない傾向があります。

 

マンション・アパートは引っ越しシーズンである4月や9月に入居者が集まりやすく、それ以外の時期はいわゆる閑散期で入居者がなかなか集まりません。

そのため、需要に変化が起きやすいのです。

一方で、コインパーキングはシーズンによって需要に変化が起こることが少ないため、安定して収入を得られます。

 

毎月安定した収入を得られるため、土地を購入してからコインパーキング経営を始めても、毎月のローンの返済が不安定になることが少ないと考えられます。

 

土地なしの場合は土地を購入するか借りるかどちらがよいのか

土地なしでコインパーキング経営を始める場合、まず土地を購入するか、もしくは借りる必要があります。

では、購入するか借りるかはどのような基準で選べばよいのでしょうか。

以下に、それぞれの場合において向いている人の条件を紹介します。

 

土地を借りたほうがよい人

リスクをそこまで取りたくない人には、土地を借りることをおすすめします。

コインパーキング経営は不動産投資のなかでも比較的ローリスク・ローリターンです。

そこまで大規模な資金を用意せずとも経営に着手できますが、大きな収入を得ることは難しいという特徴があります。

 

一方で、そのような特徴のあるコインパーキング経営でも、利用者が集まらないと赤字に陥ってしまうというリスクも存在します。

しかし、土地を借りて経営を始める場合は、赤字になってもすぐに事業から撤退することで、損失を増やさずに済むのです。

 

土地を購入するわけではないため、ローンの返済も残りません。

このような逃げ道があることが、土地を借りてコインパーキング経営を始めるという方法のメリットです。

 

別記事で、コインパーキングの経営が赤字になってしまう事例と対策法をご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

 

土地を購入したほうがよい人

経営を円滑に進めないとローンの返済が苦しくなってしまうという難点もありますが、将来的な資産形成を見据えている人には、土地を購入することがおすすめです。

というのも、仮にローンを返済し終えても、コインパーキングとして活用していた土地を、マンション・アパート経営をするための土地として再利用することもできるからです。

 

コインパーキングには建物がないため、マンション・アパートで発生する建物の解体作業を必要とせず、軽微な設備の撤去作業で更地にできます。

もしくは、設備の撤去後に土地を売却するという選択肢もあります。

 

上記のように、土地を資産として長期的に有効活用していきたい人には土地を購入してコインパーキング経営を始めるという方法がおすすめです。

土地なしで始めるコインパーキング経営で儲けるための4つのコツ

土地なしでコインパーキング経営を始めても儲けられることはここまでに述べました。

ただし、しっかりとした経営を行わないと、当然ながら儲からないでしょう。

そこで、ここからは土地なしでコインパーキング経営を始めたときに儲けるコツを4つ紹介します。

 

コツ①インターネットを利用して集客する

車を運転していてコインパーキングを探している人は、「駐車場+地域名」というかたちで検索をする傾向が強いです。

そのため、インターネット上に自身の経営しているコインパーキングの情報が掲載されていないと、インターネット経由でコインパーキングを探す利用者を獲得できません。

 

特に、最近ではインターネットを使って情報収集をする人が増えてきているため、インターネットでの露出は不可欠といえるでしょう。

インターネットでの具体的な露出方法の1つとして、Googleマイビジネスへの登録が挙げられます。

 

登録をすることで、地図サービスであるGoogle Mapに駐車場の情報を掲載できます。

そうすると、普段車のナビとしてGoogle Mapを利用している人に対して自身のコインパーキングの情報を見てもらうことができるのです。

 

コツ②支払い機能を拡張する

近くに複数の駐車場がある場合、そのなかで選ばれるような工夫を施すことが重要だといえます。

たとえば、最近ではキャッシュレス決済を利用している人が増えているので、それに合わせて支払い機能を拡張するという手段は有効的です。

未だキャッシュレス決済に対応しているコインパーキングは少ないため、このタイミングで導入することで競合との差別化につながることが期待できます。

 

コツ③料金よりも立地を優先して土地を選ぶ

コインパーキング経営において売上を左右する要素の1つが、駐車場の稼働率です。

稼働率が高ければ高くなるほど、大きく儲けられることが期待できます。

 

そして、コインパーキングの稼働率は立地によって決まるといっても過言ではないでしょう。

特に、人口の多い首都圏や人が多く集まる観光スポット、そして人気のあるお店の近くなどではコインパーキングの需要が高い傾向があります。

 

というのも、上記のように比較的人が大勢集まるような場所では、車を止める場所が少なく困ることが多いという実情があるからです。

上記のような土地でコインパーキングを設置すると、儲けを増やせるでしょう。

 

コツ④管理会社に経営を委託する

毎月安定して儲けていきたいと考えている方には、管理会社にコインパーキング経営を任せるという方法がおすすめです。

自身でコインパーキングを経営せずに、管理会社に経営のすべてを任せる方法を一括借り上げ方式と呼びます。

 

一括借り上げ方式は、管理会社にコインパーキング経営のための土地を貸す代わりに、土地賃料を毎月支払ってもらうという仕組みです。

売上が伸びた月でも支払われる金額は一定ですが、安定的に儲けていきたいと考えている人にとっては管理会社に任せるという手が向いているでしょう。

 

土地なしでコインパーキング経営をする際の注意点

土地なしでコインパーキングを経営するにあたり、いくつか注意点があります。

 

購入土地は「安い土地」に絞る

土地を購入する際、「立地がいい場所」「住民が多いエリア」など、こだわりがあると思いますが、まずは安い土地に絞って選ぶことが大切です。

確かに、立地やアクセスの良さは重要ポイントの一つ。しかし、仮に高額な土地を購入しても、コインパーキングの収入と比較すると割に合わないケースがあります。

 

なるべく借り入れは避ける

土地を購入するにあたって、借り入れはあまり好ましくありません。

借り入れた分を返済できるほどの収益を上げるのは難しい、というのがコインパーキング経営です。

 

返済額によっては、返済期間が長期化してしまうもの。場合によっては、赤字の時期も発生してしまうかもしれません。

そのため、借り入れは避けてキャッシュで支払うことをおすすめします。

 

収益性が低いことを理解しておく

そもそも、コインパーキングは収益性の低い事業の一つです。

そのため、高額な収入は期待できない、ということを頭に入れておきましょう。

十分な収入を得たいのであれば、本業の+αの収入として捉えるか、もしくは複数のコインパーキングを経営する必要があります。

土地なしの状態からコインパーキング経営を始めるまでの流れ

コインパーキング経営は土地なしでも始められ、かつ儲けることも十分に可能であることがわかりました。

ここからは、実際に土地なしからコインパーキング経営を始めたいという方に向けて、経営を始めるまでの流れを解説します。

 

手順①土地を探す

土地なしの状態でコインパーキング経営を始める場合は、最初にコインパーキングを設置する土地を探すことになります。

土地は購入するかそれとも借りるのか、予算はどれくらいにするか、そして立地はどこにするかなどを決めていきます。

 

予算は立地によって大きく変わることになるでしょう。

先ほども述べたように、初心者の方は事業の失敗リスクも考えて、立地よりも予算を抑えた土地を選ぶとよいです。

 

一方で、ある程度経営のノウハウがある方や、予算に余裕のある方は立地を重視して選ぶとよいでしょう。

 

手順②管理会社を選ぶ

自身で経営を行わず、一括借り上げ方式を採用する場合は土地を選んだ段階で管理会社を選定しましょう。

管理会社はインターネット上の口コミや評判などを参考にして選ぶとよいです。

メンテナンス作業の丁寧さやトラブルへの対応力などが見ておきたいポイントです。

 

手順③初期投資を実行する

自営方式に限った話にはなりますが、土地の選定を終えたら初期投資を実行することになります。

具体的には、コインパーキングに適した土地への整備や、運営に必要な設備の購入・設置などが挙げられます。

なお、設備の数やグレードなどによって必要な金額は大きく変わるため、あらかじめ初期投資のことも考えたうえで予算を決めておきましょう。

 

コインパーキング経営は土地なしでも始められる

いかがでしたでしょうか。

コインパーキング経営は土地なしでも始められ、かつ儲けられることがわかりました。

儲けるためにはインターネットを利用した集客の実施や、キャッシュレス決済のような支払い機能の充実化といった工夫が必要となってきます。

 

また、立地をどこにするか、そして管理会社に経営を任せるかどうかも売上を左右する大きなポイントです。

このWebサイトではおすすめのコインパーキング経営の管理会社を紹介しています。

土地なしでコインパーキング経営を始める方は、ぜひ参考にしてみてください。