駐車場経営をするメリット4選!始めるSTEPもわかりやすく紹介

「駐車場経営にはどんなメリットがあるの?」 土地を有効的に使う方法として駐車場の経営があります。
しかし、メリットや始め方を理解していない方は多いです。

 

駐車場経営に興味はあるけど、どうすればいいのかわからない方に向けて、本記事では、駐車場経営の基本的な知識から、メリット・デメリットを紹介します。

記事の後半では、駐車場経営の始め方のSTEPもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

駐車場経営とは

駐車場の料金を収益として運営していく、土地の活用方法です。

土地に駐車場を作成するだけで運用できるため、空いている土地をすぐにでも活用できます。

駐車場経営には3つの経営方法があります。

 

駐車場の経営方法

  • ・個人経営
  • ・管理委託システム
  • ・一括借り上げシステム

 

「個人経営」とは、名前の通り土地を所有している方が、駐車場の運営・管理をすべて一人で行う経営方式です。

個人で管理しているため、収益は独占できますが、運営やメンテナンスなどの手間は大きいのが特徴です。

 

「管理委託システム」とは、駐車場の作成と駐車場の運営・管理を別々の方が行います。

駐車場の施工は土地の所有者が行い、駐車場の運営は管理業者に委託する方法です。

管理業者に、管理費用を払う必要がありますが、実際の運営は一任してくれるため、所有者の手間を減らせるのが特徴になります。

 

「一括借り上げシステム」とは、駐車場を運営している業者に土地を貸し出し、駐車場の作成から運営・管理までをすべて業者に行ってもらう経営方法です。

土地を貸し出すだけで駐車場経営ができるため、手間はほとんどかかりませんが、費用は高くなります。

駐車場経営の種類

駐車場経営の種類は2種類あります。

月々に契約を更新していく「月極駐車場」と設備を設置し無人で運営できる「コインパーキング」です。

 

月極駐車場の特徴は、月々の契約になるため、契約さえ完了していれば、決まった収入を得られます。

契約数によって収入は確定しているので、駐車場が利用されないといった不安はありません。

 

月極駐車場の経営方法は、個人経営・管理委託システム・一括借り上げシステムの3つから選べます。

すべての業務を個人で管理できるなら、個人経営が適しています。

契約数も確保でき、管理・運営も問題なく進められる場合は、一番収入を伸ばせる可能性が高いです。

 

管理委託システム・一括借り上げシステムの場合は、手数料を支払う必要はありますが、管理・運営の手間を減らせます。

駐車場の規模が大きい場合は、管理・運営に大きな手間がかかるため、業者に委託するメリットは多いです。

 

駐車場の規模や駐車場経営にあてられる時間を把握し、どの経営方法が合っているのかは十分に検討しましょう。

駐車場経営のメリット

駐車場経営には4つのメリットがあります。

 

駐車場経営の4つのメリット

  1. ・初期投資を抑えられる
  2. ・経営を始めるための準備期間が短い
  3. ・やめるときもスムーズに対応できる
  4. ・土地が小さくでも問題ない

 

土地を活用する方法の中では、リスクや手間も少なく、始めやすいのが特徴です。

アパートやマンション経営のように、土地に建物を建築する必要がなく、そのまま活かせます。

 

土地にアスファルト舗装をする場合でも、4,000〜5,000円/m2くらいの費用になるため、個人的にも負担しやすい金額です。

多額の初期投資が必要なく行えるのが特徴です。

 

また、駐車場にするための工事期間も、1ヵ月ほどで完了するため、駐車場経営を素早く始められます。

建物の建築やリフォーム、リノベーションは1〜数年単位で行うケースもあり、実際に経営を始めるまでには長期的な期間が必要です。

駐車場経営をやめる場合も、短期間でスムーズな対応が可能です。

 

個人で経営している場合でも、管理業者に委託経営している場合も、契約の解除を行えばやめられます。

いずれの場合も1ヵ月ほどで対応を完了できます。

 

さらに、土地の大きさや形に影響を受けにくいのも大きなメリットです。

アパートなどが建てられない小さく変形した土地でも、駐車場としてなら活用できます。

街中などの駐車する需要が高い場所なら、車2〜3台分のスペースでも、利益を出すのは可能です。

 

余っている土地があるのに上手く活用する手段が見つからない方は、一度検討してください。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営のデメリットは4つあります。

 

駐車場経営のデメリット

  1. ・不動産経営と比較すると税金がかかる
  2. ・土地の利用効率が悪い
  3. ・土地の立地に左右されやすい
  4. ・収益性が低い

 

アパートやマンションなどの不動産経営と比較した時、デメリットに感じる部分は多いのが特徴です。

とくに税制上の優遇措置がないのは大きなデメリットです。

 

アパートやマンションの不動産経営の場合、土地は住宅用地として認められるため、税制面で優遇されます。

駐車場では住宅用地としての扱いを受けられないため、満額の課税対象になります。

 

また、土地の利用効率や収益性の観点から見てもマイナスな面は多いです。

アパートやマンションは階層を重ねていけるため、平面な駐車場よりも土地を活かして利用できます。

利用料も駐車場の方が安い傾向にあるので、収益性も下がります。

 

さらに、車を使う環境のない土地に駐車場を作った場合も、利用される機会が少なくなるため、収益を見込みにくいです。

駐車場経営はメリットも多い分、気になるデメリットもあるので、駐車場として土地を活用する場合には必ず頭に入れておきましょう。

駐車場経営を始める流れ

駐車場経営を始めるための具体的なSTEPを解説します。

 

駐車場経営を始めるための5STEP

  1. ・相談
  2. ・契約
  3. ・施工
  4. ・運用開始
  5. ・宣伝

 

順番に対応していけば、スムーズに駐車場経営を開始できます。

失敗しないためにも各STEPについて理解を深めていきましょう。

STEP1.相談

駐車場経営の専門家に相談するのが最初のSTEPです。

安心して相談できる業者を見つければ、残りのSTEPも不安なく進めていけます。

活用を検討している土地で、どのくらいの利益が見込めるのか、どのくらいの費用がかかるのかなどは個人の調査ではわかりにくい点も多いです。

 

注意点としては、業者の利益だけを考えているようなところはやめておきましょう。

相談したのにもかかわらず、不利益になってしまうケースが多いため、危険です。

 

気になる悩みにも寄り添ってくれるような業者を選び、わからない点は積極的に質問していきましょう。

準備から運営、管理まですべてのポイントを押さえるのが理想です。

STEP2.契約

契約については、個人経営・管理委託システム・一括借り上げシステムで、それぞれ対応が異なります。

個人経営の場合は、駐車場を整備してもらうための業者との契約です。 駐車場を作成したあとの管理・運営は自分で行うため、駐車場の作成のみ依頼しましょう。

 

管理委託システム・一括借り上げシステムの場合は、駐車場の作成から管理・運営までを依頼します。

今後の進め方も含めて依頼を行う必要があるため、費用や収益の分配方法なども交渉してください。

STEP3.施工

駐車場経営の種類によって施工内容が変わります。

月極駐車場の場合は、土地を砂利やアスファルトで整備し、看板や仕切りなどの管理できる体制を整えたら完了です。

 

コインパーキングの場合は、土地の整備をしたあとに、設置しなければならない設備があります。

車のロック板や料金の精算機などです。

設置する設備が多い分、月極駐車場よりも施工に時間がかかる場合が多いです。

STEP4.運用開始

駐車場の施工が完了したら運用を開始します。

個人経営の場合は、自分で契約を取り、駐車場を利用してもらいます。

運用開始したあとの、トラブルやメンテナンスにも柔軟に対応していきましょう。

 

売上から税金を引いた分が利益です。

管理・運営を業者に依頼した場合は、基本的な業務は業者が委託してくれるので、スムーズに運用できます。

売上から業者への手数料と税金を引いた金額が利益として残ります。

STEP5.宣伝

駐車場の利用状況によっては宣伝をしていきましょう。

管理・運営を業者に依頼している場合は、業者が対応してくれるケースが多いので、確認してください。

 

注意点としては、別途料金が発生する可能性があります。

個人経営の場合は、チラシを作成したり、インターネットで情報発信したりする必要があります。

どうしても手間がかかり、負担が大きい場合は、宣伝を行ってくれる業者に依頼するのも一つの手段です。

駐車場経営はメリットの多い土地活用法!余った土地を上手に活用しよう

駐車場経営にはたくさんのメリットがあります。

とくに事業を始めやすいのは大きなメリットです。

もちろん税制の面や収益性の面でのデメリットもありますが、余っている土地がある場合は、検討してみる価値が高いです。

 

 

コインパーキング経営・駐車場経営のおすすめ業者やお役立ち情報について詳しく知りたい方はコチラ
ぜひチェックしてください!