一括借り上げ式のコインパーキング経営のメリット・デメリット

コインパーキング経営を始めるにあたり、一括借り上げ式がどのようなものかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一括借り上げ式は、初期費用や手間が比較的少ない便利な経営方式ですが、始める前にどのようなものかを理解しておくことが大切です。

 

そこでこの記事では、一括借り上げ式のコインパーキング経営の特徴やメリット・デメリットなどを解説します。

一括借り上げ式のコインパーキング経営を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

一括借り上げ式のコインパーキング経営とは?

一括借り上げ式のコインパーキング経営とは、土地を運営会社に貸して管理や経営にかかわる業務を依頼する方式です。

 

一括借り上げ式・管理委託方式・自己経営方式の違いは、以下のとおりです。

 

コインパーキング経営方法の違い

一括借り上げ式

・土地の賃料が経営者の収入

・毎月固定の収入を得られる

管理委託方式

・利用者が支払った駐車代が経営者の収入

・業者に委託する業務によって支出額が異なる

自己経営方式

・利用者が支払った駐車代が収入

・業者に支払う手数料が発生しない

一括借り上げ式の場合、コインパーキングの経営に必要な機械の導入や、保守にかかる費用も負担してもらえます。

また、コインパーキングの運営会社と契約した賃料が経営者の収入になるため、売上にかかわらず毎月固定の収入を得られます。

 

そのため、毎月安定した収入を得たい方や、初めてのコインパーキング経営で不安を抱える方は、一括借り上げ式で経営を行うことがおすすめです。

 

なお、コインパーキング経営には一括借り上げ式のほかに、「管理委託方式」と「自己経営方式」の2つの経営方式があります。

 

管理委託方式は管理業務の一部を業者に依頼する方法で、どこまでを業者に依頼するのかによってかかる費用が異なる点が特徴です。

対して、自己経営方式は経営者がコインパーキングの設置工事から管理・運営までを行うため、収入はすべて経営者のものになります。

 

このように、管理委託方式や自己経営方式は毎月の収入額が決まっていません。

 

一括借り上げ式でコインパーキング経営者が得られる4つのメリット

一括借り上げ式でコインパーキング経営を行うと、収入面や業務の負担においてさまざまなメリットがあります。

 

メリット①毎月の収入が安定する

一括借り上げ式のコインパーキング経営では、毎月安定した収入を得ることが可能です。

管理委託方式の場合だと 業者に管理を任せれば任せるほど費用がかかり、自己経営方式だとコインパーキングの稼働率によって収入が大きく変動します。

しかし、一括借り上げ式は契約した金額が毎月収入として入ってきます。

 

メリット②初期費用や運用費用がかからない

自己経営方式だと、初期費用 や運用費用もすべて自分で負担しなくてはなりませんが、一括借り上げ式では、これらの費用をすべて運営会社に負担してもらえます。

また、コインパーキングの改装や機械のメンテナンスにかかる費用も負担してくれるので、お金をかけずにコインパーキング経営を始めたい方におすすめです。

 

メリット③利用者とのトラブル対応の負担が無い

コインパーキング経営を行うにあたり、設備の不具合によるトラブルや利用者同士のトラブルはつきものです。

トラブルが起きたとき、管理委託方式や自己経営方式であれば経営者がトラブル対応を行わなければなりません。

 

しかし、一括 借り上げ式であれば利用者同士のトラブルや駐車料金の未納などを運営会社が対応してくれます。

また、運営会社のなかには24時間対応可能なところもあるため、利用者も安心してコインパーキングを利用できるでしょう。

 

メリット④短期の契約も可能

コインパーキング経営を行いたい方のなかには、短期間のみ経営したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一括借り上げ式であれば、運営会社によっては1か月 から対応してくれるところもあり、設備費も運営会社が負担してくれます。

そのため、土地は余っているけれど長期間のコインパーキング経営は考えていないという方におすすめです。

一括借り上げ式でコインパーキング経営をする際の2つのデメリット

一括借り上げ式のコインパーキング経営にはさまざまなメリットがありますが、同様にデメリットも存在します。

コインパーキング経営で失敗しないように、事前にデメリットについても押さえておきましょう。

 

デメリット①途中で賃料が下がる可能性がある

一括借り上げ式は、契約内容によって途中で賃料を下げられる可能性があります。

運営会社は、コインパーキングの稼働率に期待をして賃料を定めているため、望ましい稼働率ではなければ、賃料を引き下げたいと考えています。

運営会社が提示する契約書に、毎月の賃料が変動する旨が記載されているケースもあるため 、契約する前に内容をよく確認しておきましょう。

 

デメリット②コインパーキングの売上が増えても収入は一定

収入が安定する点は一括借り上げ式のメリットですが、裏を返せば収入を増やせないということでもあります。

なぜなら、一括借り上げ式はコインパーキングの稼働率が上がっても、毎月契約した金額以上の収入は得られないからです。

コインパーキングの稼働率が下がったら収入も引き下げられる可能性はありますが、上がる可能性はほとんどありません。

一括借り上げ式のコインパーキング経営の特徴まとめ

一括借り上げ式のコインパーキング経営は、初期費用から運用費用までを運営会社が負担してくれます。

また、経営者の収入は運営会社と契約している決まった賃料であるため、毎月安定した収入を得ることが可能です。

 

しかし、コインパーキングの稼働率が上がっても経営者の収入は変わりません。

そのため、一括借り上げ式はローリスクローリターンであるといえます。

このような理由から、コインパーキングを初めて経営する方は、管理委託方式や自己経営方式よりも一括借り上げ式の方がおすすめです。

コインパーキングを一括借り上げ式で経営した場合の賃料の相場は?

コインパーキングを一括借り上げ式で経営した場合の賃料の相場にはっきりとしたデータや統計はありませんが、月極駐車場の1.5倍~2倍弱程度が目安として考えられます。

 

東京23区の月極駐車場の相場が月額で約 20,000円~50,000円のため、コインパーキングを一括借り上げ式で経営した場合の相場は、月額で約 30,000円~75,000円です。

また、近くのコインパーキングの数や需要の高さによって、賃料の相場は変わってきます。

 

たとえば、周辺にほかのコインパーキングが多くあれば賃料が低くなり、コインパーキングが少なければ需要が高くなるため賃料が高く設定されます。

 

コインパーキングの経営は、自営の方が良いのか、また一括借り上げの方が良いのかわからない方もいらっしゃると思います。別記事で、コインパーキング経営のメリットとまとめて詳しく解説しておりますので、併せてぜひご覧ください。

一括借り上げ式のコインパーキング経営のメリット・デメリット

 

コインパーキング経営初心者なら一括借り上げ式がおすすめ

この記事では、一括借り上げ式のコインパーキング経営の特徴やメリット・デメリットを解説してきました。

 

一括借り上げ式はコインパーキング経営に必要な初期費用や運営費用を負担してくれるため、初心者でも始めやすい方法です。

また、毎月決まった賃料が設定されているため、安定した収入を得たい方には一括借り上げ式がおすすめです。

 

 

コインパーキング経営・駐車場経営のおすすめ業者やお役立ち情報について詳しく知りたい方はコチラ
ぜひチェックしてください!