駐車場経営に投資するメリットやデメリットを紹介

「近所の飲食店や空き地が駐車場になっていた」といった経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

土地が不足しがちな日本では駐車場の需要が高いため、駐車場経営に投資することを考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで本記事では、駐車場経営に投資する主なメリットやデメリットなどを紹介します。

収入を安定させるために駐車場経営を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

駐車場経営とは?

駐車場経営とは、空いた土地に駐車場を作り、車を停めた人から駐車料金としてお金を徴収することです。

駐車場の経営方式は大きく3つに分けられます。

 

具体的には、個人で駐車場を管理する「個人経営」、駐車場の管理のみ業者に依頼する「管理委託」、駐車場事業を行っている業者に土地を貸す「サブリース」などが存在します。

個人経営は管理に手間や工数がかかりますが収益が高い傾向にあり、管理委託は管理費がかかりますが管理に手間や工数がかからないといった点が特徴です。

 

また、サブリースは駐車場の設営や経営を業者が行いますが、収入の一部を受け取れるといった特徴があります。

それぞれの経営方式には異なる特徴があるので、駐車場経営でどのような点を重視するのかを決めたうえで自分に合った経営方式を選びましょう。

 

月極駐車場とコインパーキングの違い

駐車場経営に投資する際は、経営方式だけではなく駐車場のタイプも決める必要があります。

駐車場のタイプは大きく分けると「月極駐車場」「コインパーキング」の2種類がありますが、どちらを選べばよいのでしょうか。

月極駐車場とコインパーキングのそれぞれの特徴は、以下のようになっています。

 

月極駐車場の特徴

月極駐車場とは、1か月単位で契約するタイプの駐車場のことです。

 

契約する人がいる限り安定した収益が得られるといった特徴があり、車庫のない集合住宅やオフィスの近くに作られる傾向にあります。

しかし、環境の変化によって契約者がいなくなると収入がゼロになってしまうことが注意点です。

 

そのため、収益を安定させるためには、常に契約を維持するための工夫や周辺の月極駐車場の調査をしなければなりません。

 

コインパーキングの特徴

コインパーキングとは、時間単位で料金が発生する駐車場のことです。

利用者が多く、駐車時間が長いほど高い収益が得られるといった特徴があり、レジャー施設やイベント会場の近くなどに作られる傾向にあります。

 

しかし、コインパーキングは基本的に短時間の利用が多く、コインパーキングの近くの施設が閉店した場合やイベントがない時期は収益が下がりやすくなります。

そのため、環境変化の影響を受けやすく、収益の振れ幅が大きいことには注意が必要です。

 

別記事で、コインパーキング経営で考えられる7つのリスクと対策法について詳しく解説しておりますので、併せてぜひご覧ください。

 

駐車場経営に投資するメリット

投資にはさまざまな種類がありますが、駐車場経営に投資するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

駐車場経営への投資には以下のようなメリットがあるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

メリット①低コストで始められる

数ある投資のなかでも、駐車場経営は低コストで始められ、なおかつ長期的に収益をあげられる投資だといえます。

 

駐車場経営に必要な初期投資は、月極駐車場の場合は舗装工事やライン引き、コインパーキングの場合は舗装やライン引きにくわえてロック板や精算機の設置などがあります。

駐車場の広さにもよりますが、諸経費を含めても200万円ほどで投資を始められる場合もあるため、アパートやマンションを建てるよりも少ない初期投資だといえるでしょう。

 

メリット②設備の撤去や土地の売買が容易にできる

月極駐車場やコインパーキングの経営に使う土地は、いつでも売買ができるといった特徴もあります。

 

駐車場経営は、舗装工事やライン引き、精算機を取り付けるといった簡単な整備をすることでスタートできます。

土地の整備や設備の設置は大がかりな作業ではないため、早ければ1週間ほどの期間で撤去することも可能です。

 

そのため、「やはりコインパーキングじゃなくてマンションを建てたい」「土地を売ってほしいといわれた」といった場合でも、設備の撤去や土地の売買が容易にできます。

所有している土地でとりあえずなにかを始めたいという場合にも、駐車場経営は有利な投資方法だといえるでしょう。

 

メリット③必ずしも保険に加入する必要がない

駐車場経営では、火災保険や地震保険などの保険に必ずしも加入する必要はないため、保険費用を抑えられるという特徴があります。

 

マンションやアパートなどの賃貸物件を所有している場合は火災保険や地震保険に加入することが義務付けられていますが、駐車場経営ではそのようなことはありません。

また、老朽化により修繕が必要な場合も、マンションやアパートと違って修繕費が高額になることもないため、維持費が抑えられる点もメリットだといえます。

 

メリット④安定した収益が得られる

アパートやマンションなどの賃貸物件では、部屋が空室になってしまうと収入が減ってしまいます。

もちろん、駐車場経営でも同じことがいえますが、アパートやマンションと比較するとリスクは低いといえるでしょう。

なぜならば、アパートやマンションの入居者を獲得することよりも、月極駐車場の契約者を獲得するほうが難易度は低いからです。

 

また、コインパーキングの場合も、少人数かつ短時間であっても利用者がいる限り収入がゼロになることはありません。

駐車場経営は、アパートやマンションと比較すると一度に大きな収益を得にくいですが、利用者がゼロにならない限り安定した収益を得られる点がメリットだといえるでしょう。

駐車場経営に投資するデメリット

駐車場経営に投資することにはメリットが多いですが、一方で気を付けておいたほうがよいデメリットも存在します。

駐車場を経営するうえで、 以下のデメリットがある点には注意しましょう。

 

デメリット①節税対策になりにくい

節税対策として駐車場経営への投資を考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は駐車場経営は節税対策には適していません。

 

アパートやマンションなどの賃貸物件では、土地にかかる固定資産税や相続税などの税金額を抑えられます。

しかし、駐車場の場合は税制上では「更地」として扱われるため、更地として税金を支払わなければならないでしょう。

 

デメリット②他の土地活用に比較すると収益性が低い

駐車場経営は、初期費用が抑えやすく安定した収益が得やすい反面、他の土地活用に比較すると収益性が低いという特徴があります。

 

マンションやアパートなどの賃貸物件では入居者からの家賃が収益となりますが、駐車場経営の場合はそれほどの収益を得ることは難しいでしょう。

駐車場経営への投資は長期間で収入を得るという特徴があるため、短期間で高い収益を得たいという場合はおすすめできません。

 

デメリット③収益性が立地に左右されやすい

駐車場経営で契約者や利用者を増やすためには、立地にこだわったほうがよいとされています。

 

なぜなら、オフィス街や商業施設の近くのエリアにある駐車場は利用者が多いですが、人通りが少ない郊外や近くに建物がないエリアにある駐車場はあまり利用されないからです。

どのような土地でも駐車場経営を始めることができますが、収益をしっかりと出すためには土地選びや収益のシミューレーションが重要になることは覚えておきましょう。

 

駐車場経営への投資は長期的に収益を得たい場合におすすめ

いかがでしたでしょうか。

 

初期費用を抑えてスタートできる駐車場経営は、長期的かつ安定して収益が得られる人気の高い投資です。

土地選びにこだわることや競合の調査をしっかり行うことで、さらに収益を高めることができます。

 

しかし、マンションやアパートといった賃貸物件のような高い収益を出すことや、土地選びに失敗すると収益が見込めないといった点には注意しなければなりません。

 

 

コインパーキング経営・駐車場経営のおすすめ業者やお役立ち情報について詳しく知りたい方はコチラ
ぜひチェックしてください!