駐車場経営は儲かるのか?平均年収や経営時の注意点を解説

駐車場経営をしてみたいけれど、儲かるかどうかわからないものに手を出すことは不安なものです。
この記事では駐車場経営が儲かるのかどうかを解説すると共に駐車場経営をするうえで注意しなければいけないポイントについて解説します。

駐車場経営をしてみたいと考えている方は参入する判断基準がわかりますので、最後までチェックしてください。

駐車場経営は儲かる?

駐車場経営は必ずという訳ではありませんが、ほとんどのケースで儲かります。
なぜなら土地さえあれば、何もしなくてもお金が生まれるからです。

例えば、コインパーキングを経営したとします。
自分は何もしていなくても、誰かが駐車すれば停めていた時間に応じてお金を支払っていきます。
このように自分が何もしなくてもお金が生まれる仕組みを作れるため、空き地にしておくよりは駐車場を作って経営した方がお得です。

土地を借りてまで駐車場経営をするかどうかは、収益見込みにもよります。
所有している土地なら参入のハードルが低いので、検討の価値はあるでしょう。
またそれ以外にもメリットがあります。

メリット1:低コストで手軽に始められる

低コストで始められるというのがメリットの1つです。
低コストで始められるということは、土地を有効活用したいと考えた時に気軽に始めやすいです。

例えば同じ土地を有効活用したいと考えた時に、マンションを新しく建てて家賃収入を得ようと思ってもマンションを建てるのに数億円~数十億円かかってしまうかもしれません。
しかし駐車場経営なら、規模の大きさにもよりますが、少なくともマンションを建設するよりは初期投資額が安く済みます。

売り上げはマンションの家賃収入よりも低くなるかもしれませんが、失敗した時のリスクを考えれば初期投資の少ない駐車場経営の方が手軽に始められます。

メリット2:管理の手間が少ない

管理の手間が少ないこともメリットの1つです。
駐車場を経営するなら必要な設備、例えばロック板や精算機、監視カメラといった機材があれば充分です。
これがマンションなどの不動産だと、物件を建てる算段を立てて建設。

その後は入居者募集に入居者審査など、やることは駐車場経営と比べてはるかに多いため、管理のハードルが高くなります。
やることが少なければ他のことに時間をかけられるようになるので、管理の手間が少ないのは大きなメリットだと言えます。

メリット3:狭い土地でも活用できる

狭い土地でも活用できるのもメリットの1つです。
不動産経営をしようとした場合、居住のためにある程度の広さが必要となりますが、駐車場経営であれば車1台のスペースから始められます。
狭すぎる土地だと不動産経営では活用しにくいので、その場合は駐車場経営をするといいでしょう。

駐車場経営種類ごと平均年収

駐車場経営には大まかに分けて以下の2種類があります。

  • ・コインパーキング
  • ・月極駐車場

それぞれ特徴が異なるので、平均年収と共に特徴についても解説します。

コインパーキング

コインパーキングは精算機とロック板を使用して、時間単位で貸し出すタイプの駐車場。
無人経営できるのが特徴です。

立地条件や相場によって変わるため一概に平均年収がいくらということは断言できませんが、40~50%の稼働率で利回りは約6~8%です。
また、管理を業者に頼む場合は業者に支払うコストがかかるので、その場合は利益を低く計算しておく必要があります。

月極駐車場

1ヶ月単位で契約して貸し出すのが月極駐車場です。
個人経営、一括借り上げ、管理を委託するなど運営のやり方はさまざまです。

1ヶ月単位で契約するため、まとまった収入の計算ができます。
年収の目安は利回り5~15%と言われていて、土地が自分のものだった場合はもっと増えます。

駐車場経営で儲かるコツ

駐車場経営で儲けるにはいくつかコツを押さえておかなければなりません。
そのコツは以下の3つです。

  • ・ニーズのある場所で経営を始める
  • ・収益予想を低くする
  • ・周辺の相場をチェックする

ニーズのある場所で経営を始める

コインパーキングにするにせよ、月極駐車場にするにせよ、利益が出る場所で経営を始めるようにしなければいけません。
ニーズのない場所で経営を始めてしまったら全く借り手がいない状態でコストだけかかっていくことになりかねません。

例えばアミューズメント施設のすぐ隣にコインパーキングを建てれば、ひっきりなしに駐車場に車が停まっている状態になるため、黒字経営が可能になります。
しかし、田舎に建ててしまうと全く借り手がおらず、赤字経営になってしまうでしょう。

場所によって駐車場のニーズは全く違うので、周辺の状況がどうなっているのか、ニーズはどれくらいあるのかを事前に確認しておきましょう。

収益予想を低くする

駐車場経営をする際は収益予想を低くしておきましょう。
なぜなら駐車場を借りるかどうかは水物で、収入は不安定だからです。

例えば月極駐車場を経営していて、5台のスペースを設けていたと仮定します。
月3万円で貸し出すとして、満車状態なら収入は月に15万円です。

しかし、毎月満車とは限りません。 急な引っ越しや利便性の問題などで、契約を解除するかもしれません。
もし、満車状態を想定して管理会社などの支出を考えていたら借り手がいなくなってしまった場合、赤字になってしまいます。

そういうことの無いように満車時の7~8割程度で計算しておくなど、収益予想は低く見積もっておくことが成功するコツです。

周辺の相場をチェックする

駐車場を建てる場所の周りの相場を事前にチェックしておくようにしましょう。
周辺の相場とあまりにかけ離れていたら、結果としてあまり儲けられなくなる可能性があるからです。

例えば相場よりも高い料金で設定してしまったら、稼働率が悪くなってしまうでしょう。
反対に安い料金で設定してしまったら、稼働率は良くても収益が不十分になってしまいます。

周辺の相場よりも高すぎず安すぎずで料金設定をする必要があるので、相場の料金をチェックしておくのは重要です。

駐車場経営する際の注意点

駐車場経営をする際には以下の3つに注意してください。

  • ・駐車場に向かない土地がある
  • ・税金の優遇がない
  • ・土地の利用効率が低い

場合によっては撤退した方がいいケースもあるので、確認しておいてください。

駐車場に向かない土地がある

駐車場に向かない土地があることは覚えておくようにしましょう。
ニーズの全くない場所に駐車場を建てても、借り手は全くいないからです。

例えば周りに商業施設が何もない、オフィス街のような定期的に人がいる環境でもないといった、とにかく人が集まらない土地には駐車場経営には不向きですので、避けておいた方がいいでしょう。

また、駐車場経営をしようとしている土地の周辺に無料で解放している駐車場があったり、道が狭くて入りくんでいるような場所もわざわざお金を払って駐車しようとは考えにくいので、避けておく方が無難です。

税金の優遇がない

実は、駐車場経営は不動産経営と違い、税金の優遇がありません。
駐車場は住宅が建っている訳ではないので、税金の支払い時は更地としての評価になります。

固定資産税で優遇される住宅用地の特例がなく、固定資産税や土地計画税の軽減がないのです。
同じスペースを所有していても、支払う税金の割合が高くなってしまうため注意が必要です。

土地の利用効率が低い

土地を利用するという点においては駐車場経営も不動産経営も変わりませんが、土地の利用効率においては駐車場の方が低いです。
不動産経営であれば、同じ土地面積でも2階建てや3階建てにすればその分利益も2倍3倍となります。

一方の駐車場は基本的には平面なので、マンションのように2階建て3階建てにするのは難しくなります。
できないわけではありませんが、その場合には初期投資の額が跳ね上がってしまうでしょう。

駐車場経営は不動産経営と比べれば倍々に利益を増やすことは難しい経営方法だと理解しておくことが大切です。

まとめ

駐車場経営は必ず儲かる訳ではありませんが、不動産経営などと比べればはるかに始めやすいビジネスです。

土地を有効利用しようと考えているのであれば、挑戦してみるのもいいでしょう。
参入するのであれば、この記事を参考にして失敗しない経営をしましょう。

本サイトでは、コインパーキング経営の業者ランキングをご紹介しております。ぜひご覧ください。