コインパーキング経営のリスクと保険による回避手段とは?

コインパーキング経営をしていく中で、さまざまなトラブルやリスクに直面する可能性があります。

場合によっては非常に大きな経済的損失を被るケースもあるため、保険を契約してリスクに備えることが大切でしょう。

そこで本記事では、コインパーキング経営のリスクに備えるためのトラブル事例と保険の種類を紹介します。 現在コインパーキング経営を検討されている方は参考になさってください。

コインパーキング経営におけるトラブル事例

はじめに、コインパーキング経営のなかでどんなトラブルが発生するのかを紹介します。

 

トラブル①利用者による事故

コインパーキング利用者による事故はよく起こりがちなトラブルです。

 

たとえコインパーキングに非はなかったとしても、責任者としてある程度の対応を求められます。

車の接触事故や物損事故などが起きても大丈夫なよう、対応をシミュレーションしておきましょう。

 

例えば、利用者の不注意でコインパーキングの設備と接触があった場合、利用者側に責任があるため設備の修理費を請求できます。

 

しかし、タイヤを固定している安全バーが下りないなど、設備に問題があった場合は、設備の所有者である経営者側の責任となります。

この場合は、保険に加入していなければ、損害賠償や修理費などを全額支払わなければならないので注意が必要です。

 

トラブル②利用者以外にかかわる事故

コインパーキングを利用していない人にかかわる事故もトラブルとして起こります。

 

例としては、コインパーキングの看板が倒れて歩行者に当たった場合などです。

こういった場合も経営者に賠償金の支払い責務が発生します。

 

また入出庫時に車が歩行者と当たった場合なども、コインパーキングの料金システム等に問題がなかったかどうか、責任を問われることがあります。

 

出入りしづらい駐車場の場合、レイアウトを変更するなどの対策をしておいたほうがいいかもしれません。

 

トラブル③盗難

コインパーキングの精算機には現金が入っているため、盗難被害に遭いやすいです。

 

精算機を壊され、さらに「中の現金まで盗まれてしまった」と嘆いている人もいるでしょう。

 

経営者はコインパーキングをずっと見張っていることはできないので、盗難被害を完全になくすことは難しいと思います。

 

しかし、防犯カメラや防犯設備などを導入してある程度リスクを抑えることはできます。

また、保険に加入をしておくと、盗難された分の売上金に対して補償を受けることが可能です。

 

トラブル④災害による損傷

コインパーキング経営では、人による被害だけではなく自然災害による被害も起こる可能性があります。

地震による地面の陥没や、火災による機器の損傷といった災害のリスクも保険に加入することで回避できます。

 

また最初にコインパーキング経営を始める際、ハザードマップなどを確認しどのような災害が発生する確率が高いのか、チェックしておくといいでしょう。

 

トラブル⑤故意のいたずらによる被害

壁への落書きや、設備の破壊など、第三者の悪質ないたずらによる被害も起こっています。

保険に入っておくと、こういった被害への対処も可能です。

 

ただし、いたずらなどはコインパーキング経営者がすべて管理しきれるものではありません。

そのため、利用規約で責任を負わない旨を明示しておくようにしましょう。

コインパーキング経営で使用できる保険の種類

ここからは、コインパーキング経営のリスクに備えられる保険を3種類紹介します。

 

保険①施設賠償責任保険

施設賠償責任保険は、駐車場内の設備が原因となり、利用者やその他の人々の身体や車両等に損害を与えた場合に使用できる保険です。

 

コインパーキング経営者が損害賠償責任を負ってしまった際の支払いに当てることができます。

補償対象となる駐車場の設備については、基本的には駐車場にあるすべての設備が対象となります。

 

例としては「精算機」、「駐車場の壁」、「駐車場の看板」などが挙げられます。

注意点としては、この保険の補償はあくまで、コインパーキングの設備による他者への被害に対してのみ適用されることです。

 

コインパーキングの設備に損傷があったとしても、修理費の補償はありませんので覚えておきましょう。

 

加入する前の注意ポイント

施設賠償責任保険は、すべての事故に対して補償が発生するわけではありません。

故意的に起きた事故や地震などの自然災害によって生じたトラブル、施設の工事・解体などに伴う問題などに対しては、支払われません。

 

駐車場の安全性や管理に不備があった場合のみ、保険金が支払われます。

 

保険②動産総合保険

動産保険は、コインパーキング内の機器が故障する、盗難に遭うなどして、経営者が損害を被った場合に、修理費用や損害額を補償する保険です。

 

補償対象となる機器は動産なので、土地や建物以外が含まれます。 たとえば「精算機」、「精算機内の現金」、「ロック版」などです。

 

現金については、盗難された際などに補償を受けることができます。

 

コインパーキング経営に使用している機器だけでなく、売上金の盗難にも対応してもらえるため、比較的広範囲に適用できる保険だといえるでしょう。

 

どの範囲まで保険を適用するのかによって料金が変わるため、予算と照らし合わせて補償範囲を検討することが大切です。

 

加入する前の注意ポイント

動産総合保険は、経年劣化や風・雨などの自然現象、地震・台風などの自然災害などによって生じた損害に対しては、支払われません。

 

また、たとえ高額の機械が故障したとしても、保険金の設定上限額を上回る金額が支払われることもありません。

 

保険③火災保険

火災保険は、建物が災害により損傷、倒壊したときなどに補償される保険です。

 

この保険は建物の被害を対象にしているため、建物の一階に併設されている駐車場以外では保険適用外ですので注意が必要です。

 

通常は、火災や落雷、台風などの風災、雪災、水害、爆発などが補償範囲の災害です。

上記以外にも、「地震保険」に追加で加入することで、地震や津波、噴火など、より多くの被害に補償が適用されます。

 

また、自然災害だけではなく当て逃げなどによる壁の破損や、落書きの被害も補償対象となる「破損・汚損」のプランもあります。

 

加入する前の注意ポイント

すでに保険に加入している場合は、補償内容を確認しておきましょう。

火災保険の内容は保険会社によっても異なるところがあるため、詳しくは保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。

コインパーキング経営の納得のいく保険を選ぶ方法

コインパーキング経営においての保険の選び方ですが、まずは上記3つの保険に加入しておくことをおすすめします。

「3つもの保険に加入すると、保険料の高さが気になる……」という場合は、専門業者に相談するのもおすすめです。

 

近年は、自動車管理者賠償責任保険といった、駐車場経営者向けの保険商品も登場しています。

コインパーキング経営は少し前まではあまり一般的ではなく、そこまで多くの商品がありませんでした。

 

しかし近年は、オーナーの増加により、それぞれに合った保険プランが選べるようになっています。

 

またコインパーキング経営で生活が成り立っている場合、万が一オーナーに何かあったとき用に事業保障・キーマン保障をしておくといいでしょう。

 

経営者保険に加入することで、まとまった保険金を受け取ることができ、いざというときに対応できます。

保険加入でコインパーキング経営のリスクを抑えよう

コインパーキング経営における、保険についてお伝えしました。

ビジネスを行ううえで、さまざまなトラブルはつきもの。

万が一の事態に備えて、最初から対応していきたいですよね。

 

本サイトでは、コインパーキング経営の業者ランキングをご紹介しております。ぜひご覧ください。