コインパーキング経営で後悔しないためのポイント

 

コインパーキング経営は、ローリスク・ローコストな土地活用として人気があります。
建物を建てる費用や維持費が少なく簡単に始めやすいメリットがある反面、思ったように収益が上がらないこともあります。

コインパーキング経営で後悔しないために、考えておくべきポイントを解説します。
コインパーキング経営を検討中の人は必見です。

コインパーキング経営で後悔しないポイント

コインパーキング経営で成功したい場合、まずは後悔しないためのポイントを把握しておきましょう。

その土地の駐車場の需要と供給を考える

駐車場経営で収益が上がらない一番の原因は「駐車場経営に向いていない土地」であることです。
駐車場経営は、時間貸し・月極めともに駐車したいお客さんがいないと収益が上がりません。

検討中の土地で、駐車場の需要がどのくらいあるのかをしっかりと見極める必要があります。
検討している土地の近くにあるコインパーキングの稼働率や、今後増えるであろう駐車場の予想なども重要なポイントです。

経営している駐車場の近くに競合が新しくでき、お客さんが流れ収益を上げられなくなることもあります。
駐車場経営を始める際には、プロに調査を依頼して需要と供給のバランスを確認しましょう。

また検討している土地が駅前か住宅街かなどによって、月極め駐車場とコインパーキングのどちらの方が安定した収益を得られるのかを探るのも重要なポイントです。
どちらの方がより収益を上げられるのかを、専門家に相談し検討することをおすすめします。

トラブル対応のマニュアルや費用を考えておく

コインパーキング経営でたびたび悩まされるのが、駐車場内のトラブルです。
よくあるトラブルの例は、賃料の滞納や放置車両、利用者の事故による隣家の破損などです。

個人経営ではとっさの対応が難しく悩んでしまうことも多くあります。
またトラブル対応のために費用がかかってしまう場合も。

駐車場経営を始める際には、ある程度予測できるトラブルに対してどう対応するのかマニュアル化し、費用を考えておく必要があるでしょう。

また、駐車場内で事故を起こした利用者がそのまま逃げてしまうことも考えられます。
防犯カメラや監視カメラが無いと泣き寝入りになる可能性もあるので、トラブルに対応するための設備も必要です。

駐車場運営会社に運営を委託すると、ある程度のリスクを減らし、トラブルへの対応もお願いできるメリットがあります。
トラブル対応に不安がある人は委託がおすすめです。

税金を考慮した計画を立てる

コインパーキング経営は、税金対策のために検討する人も多くいます。
しかし、コインパーキング経営を節税目的で始めると後悔する可能性が高いでしょう。
駐車場経営は、マンションやアパートのような不動産賃貸住宅経営と比べると、税に対するメリットは少ないからです。

相続した空き家を取り壊して駐車場経営をするとなると、固定資産税は6倍で都市計画税は3倍になります。
土地に住宅が建っている場合は「土地用地の特例」が適用され減税されています。

しかし建物を取り壊すと更地となり、土地用地の特例が適用されず税額が上がってしまうのです。
上がる税金に対して、駐車場経営による収益が上回るのかどうか計算しておかないと、赤字になり後悔してしまう可能性があります。

駐車場経営を始める場合は収益計算のみでなく、かかる税金や変更になる税金について税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

コインパーキング経営に悩んだらユアーズ・コーポレーションへ相談しよう

今回は、コインパーキング経営で後悔しないために、考えておくべきポイントを解説しました。

手軽に始めやすいことで人気のあるコインパーキング経営で、確実に収益を上げるためにはしっかりした計画が大切です。
コインパーキングについてよく知っているプロに相談するのが安心でしょう。