コインパーキング経営が参入ハードルが低いと言われる理由を解説

コインパーキング経営の初期費用について

コインパーキングなど駐車場経営の魅力の1つが、リスクの低さです。オーナーの方々が土地活用を考えたとして、アパートやマンション関連の事業には莫大な初期投資費用が必要になります。この点、駐車場の運営なら初期費用をかなり抑えて事業をスタートさせることが出来ます。

コインパーキング経営の初期費用はどれくらい?

駐車場の運営に関してコインパーキングを取り上げると、その初期費用として、機器の購入設置費用などがかかります。但し、立体駐車場は建築費用が別途掛かるため例外とします。土地整備に関してはオーナーであるか、土地を借りるかで、かなり違ってきます。土地を整備する場合は、アスファルト舗装にする代金なども必要です。機器をリース契約で導入すれば、初期投資費用をもっと低く出来るでしょう。

コインパーキング経営の初期費用が安い理由

駐車場経営における初期投資費用が安くて済むのは、何より必要とされる設備が少ないからです。精算機・ロック板・フラップ・看板・防犯カメラなどが主な機器ですが、工夫次第で更に数を減らせます。しかも時間貸し駐車場の運営における代表的な機器であるロック板は小型化が進み、近年では価格が下がってきているのです。中古品購入やリースなどの手段もあります。

コインパーキング運営会社に任せれば、初期費用はかからないのか?

駐車場の運営を専門にしている会社に業務を委託する土地持ちの方も多いです。「一括借り上げ」と呼ばれる方式です。運営会社は、駐車場の事業に掛かる費用を初期投資も含めて全て負担します。その代わりに、駐車場から得られる利益は会社側の収入になります。オーナーには一定額の賃料が支払われるのです。自営で駐車場管理業務を行うよりオーナーが手にする金額は低くなりますが、赤字になるリスクを回避できるのは大きなメリットです。

まとめ

土地活用をする上で駐車場運営は最もハードルが低い方策の1つです。初期投資費用があまり掛からないため事業に乗り出すのは容易ですし、設置した機器の撤去も簡単で手を引きやすいです。専門会社へ委託すれば、リスクは更に低くなります。事業に関する深い知識や資格も必要ありません。土地オーナーは、まずは専門運営会社に相談してみましょう。