コインパーキング経営にかかるコスト(初期費用と運営費)について

コインパーキングの初期投資について

駐車場経営を始めてみたいと考える方がまず気にするのは、「どれくらい儲かるのか?」という点です。ここで大切なのは運営に掛かるコストです。赤字だけは絶対に避けなくてはなりません。コインパーキングを運営するには、最初に機器の設置や環境整備を行う必要があります。それでは初期投資に費用はどの程度掛かるのでしょうか?

コインパーキングの初期投資費用はどれくらい?

時間貸し駐車場の経営にはいくつかのパターンがありますが、自営型の場合に初期投資費用として必要になるのは、機器の設置に掛かるお金です。レンタルで始める方も居られますが、ここでは購入する立場で計算してみます。パーキングの設備で一般的なのがロック板と精算機です。他に料金案内のための看板設置や電源をパーキングに引き込むための工事なども行わなくてはなりません。正確な費用について気になる場合は、まずお見積りを取るようにしましょう。

コインパーキング経営で毎月かかる費用はどれくらい?

時間貸し駐車場の経営で掛かる毎月の費用の基本は、機械のメンテナンス代金と電気代です。借地の場合は賃貸料も支払わなくてはなりません。メンテナンス代金は駐車場によって変わってきますが、月当たりのランニングコストがかかるということを覚えておきましょう。

コインパーキング運営会社であれば、初期投資の費用はかからない?

コインパーキング運営会社に経営を依頼した場合、一括借り上げ方式だと、機器の設置やそれ以外の工事費用も含めて運営会社側が負担してくれるケースが殆どです。設備投資費用0円から、駐車場経営を始められます。もちろん売上げから掛かった分の費用は差し引かれますが、リスク回避の手段として極めて有効です。機器のメンテナンスも会社側の担当ですので、ランニングコストは発生しません。

まとめ

土地活用において、駐車場の運営はあまり大きくない投資で事業を始められます。維持管理費も少なくて済むため、経営リスクはかなり低いです。専門会社に運営を依頼すれば、設備投資費用が0円でも事業をスタート出来るでしょう。特に賃料を払わずに済む土地持ちの方には、お勧めの土地運用方法です。