コインパーキング経営のメリットとデメリット・向いている人とは

コインパーキングによる土地活用について

コインパーキングに代表される駐車場経営は、最も手軽にスタートできる土地活用方法の1つです。但し駐車場経営には様々なタイプがあり、自己の目的や運営を行うエリア、パーキングとして運用する土地に合致したシステムを採用しないと、結果的に失敗してしまう可能性もあります。事前の情報収集を怠らないようにしましょう。

駐車場の経営方式

時間貸し駐車場の経営を専門の運営会社に全面的に委託する方法が、「土地賃貸方式」です。初期投資も会社が行います。
時間貸し駐車場の経営に関する初期投資を自分で行う方法が、「自己経営方式」です。管理・運営では専門会社のサポートを受けるのが普通です。

コインパーキング経営のメリット

時間貸し駐車場経営のメリットは多岐に渡ります。狭かったり変形しているような建築に不向きな土地でも、多くのケースでパーキング化は可能です。設置した機器を撤去すれば、土地の転用も容易いでしょう。短い期間に限って土地を活用したい方でも、積極的に土地運用を行える手軽さが魅力です。また専門の運営会社へ土地を貸し出して、初期投資費用を0円にすることも出来ます。リスクが低く、専門の知識や資格を持っていない方でも事業に携われます。

コインパーキング経営のデメリット

収益性が低い点や、相続税及び固定資産税に関する節税効果が限定的である点などが、時間貸し駐車場経営のデメリットです。また駐車場がある地域で車離れが進むと、その影響を受けてしまいます。景気の変動やエリアにおける交通網の変化に注意しましょう。

コインパーキング経営に向いている人

土地持ちではあるものの、リスクを嫌って自己資金を出したくない方や借金をしたくない方は、駐車場経営に向いています。専門会社と組めば、初期投資やメンテナンス費用無しでも土地の運用は可能です。また土地の利用を短期にしたい方や将来どうするか決めかねている方にも、駐車場経営はお勧め出来ます。

まとめ

コインパーキングとして土地活用を考えている方は、まず所有している土地での駐車場経営は可能かどうか調べてください。建築に不向きな土地でも駐車場に活用できるケースは少なくありません。更に目的エリアにおける駐車場の需要と供給を確認しましょう。月極は空き枠があっても時間貸しは繁盛しているパターンもあります。