コインパーキング経営を始める前に知りたい基礎知識とお勧め業者紹介

土地を持ってはいるが有効な使い方が決まらず、土地を余らせている方は意外と多いのではないでしょうか。 そんな方は今、土地活用で人気のコインパーキング経営などはいかがでしょうか。 このサイトではコインパーキング経営を始めようと考えている方にコインパーキング経営を始める前に知っておきたい情報をまとめました。 内容としてはコインパーキング経営を運営する上で必要な知識として「コインパーキング経営のおすすめパートナー業者紹介」、「コインパーキング経営の運営方法」、「コインパーキング経営にかかる費用」、「コインパーキング経営をすることによって得られるメリット」についてまとめています。 これからコインパーキング経営を始めようと考えている方は、コインパ-キング経営を失敗しないためにも、このサイトを是非一度ご覧下さい。

コインパーキング経営とは

コインパーキング経営とは管理者がいる土地で車両を駐車させる設備を提供し収入を得る駐車場経営の1つである。 コインパーキング経営は月額支払い制度のもとに賃貸契約する月極駐車場経営とは違い、不特定多数の誰でも24時間利用できる無人の時間貸駐車場を経営する事です。

コインパーキング経営方法

コインパーキング経営の方法は「一括借り上げ方式」「利益配分方式」「管理委託方式」の三つがあります。 一括借り上げシステムとはコインパーキング会社が個人や法人の土地所有者から土地を賃貸して、駐車場機器を設置する方式です。 コインパーキング会社は、土地所有者に対し毎月定額の地代を支払います。駐車場機器等の費用及び管理運営はコインパーキング会社が行います。 利益配分方式とはコインパーキング会社と土地所有者が、コインパーキングの利益を予め取り決めた割合で配分する方式です。 コインパーキング会社は、土地所有者に対し毎月管理運営の収支を報告します。 管理委託方式とは土地所有者が、駐車場機器を設置し、集金・清掃・トラブル対応等の管理運営を運営会社に委託する方式です。 運営会社は、土地所有者に対し毎月管理運営の収支報告を行い、管理料をもらいうける方式です。

コインパーキング経営の設備

コインパーキングの経営の設備にはロック式とゲート式と2つの設備があります。 ロック式とは、駐車台数の少ないものから、30台ぐらいまでのコインパーキング駐車場で多く見られる方式です。 フラップと呼ばれる板が、自動車の車体中央に部分に上がる形が一般的なものです。 ゲート式とは広いスペースの駐車場や、立体駐車場などに多く見られ、大規模なコインパーキング駐車場で多く見られる方式です。 それぞれ入口・出口が専用のゲートに分かれているものと、同じゲートで出入り口として兼ねている場合があります。

おすすめコインパーキング運営会社

ユアーズ・コーポレーションは昭和49年創業の老舗のコインパーキング経営会社です。 ユアーズ・コーポレーションの魅力は長年の経験から裏打ちされた老舗ならではの豊富な知識からの幅広い対応力です。 また営業担当者の素早くかつ親身な対応でお客様満足度の高い会社です。 ユアーズ・コーポレーションの「一括借り上げシステム」では、機械の設置やメンテナンス・料金の回収・パーキング内の清掃・クレーム対応を全てオーナー変わり対応してくれますのでコインパーキング経営の経験がない方でも安心して始めることが出来ます。

タイムパーキングは、不動産業の大手アパルトマングループに属している会社です。 タイムパーキングのコインパーキング経営は不動産業大手ならではの徹底したデータの収集・管理により、データに裏打ちされた戦略が魅力的です。 またタイムパーキングでは不動産業のノウハウを活かしコインパーキング経営だけでなくテナント事業やレンタル収納スペースなど幅広い資産活用の提案をしてくれます。

パーク24は知名度が高いタイムズ24を運営している会社です。 パーク24では全国に展開する、約18,000件約・60万台の駐車場管理実績から蓄積したノウハウを活かした駐車場運営が、多くのオーナーから高い評価を得ています。 またタイムズ24をはじめとするパーク24のグループ会社による一気通貫の管理・サポート体制もパーク24が選ばれる魅力の一つです。

ショウワサービスはコインパーキング関連機器の再生品・新品の販売、買取を専門としている会社です。 そのため各メーカーの特徴・機能を土地の条件・状況に合わせたものを紹介してくれるのが魅力です。 ショウワサービスのコインパーキング経営は一括借り上げ方式では無く、基本的にオーナー自身がコインパーキング経営を行う形になりますので自身でパーキング経営を行いたいと思っているオーナーから高い評価を受けています。

パークアベニューのコインパーキング経営では土地オーナーの目的に合わせてパーキング経営を選べる独自のオーダーメイドシステムが魅力の一つです。 「一括借り上げ方式」「機器レンタル方式」「機器導入方式」「売上げ分配方式」から選択することが出来ます。 オーナーの意向を汲んだオーダーメイドのコインパーキングの経営方針が選べることから オーナーの満足度の高いサービスを提供してくれます。

アップルパークでは首都圏を中心に駐車場・駐輪場の管理・運営を行っている会社です オーナーのニーズに合わせて、様々なプランを提案してくれ事が魅力です。 オーナーの負担が少ない「一括借り上げプラン」が人気ですが、他にも「管理委託プラン」「共同運営利益配分プラン」「機器販売プラン」「機器レンタルプラン」などがあります。 様々なプランから自分にあった柔軟な経営方針を選べることから高い評価を受けています。

日本システムバンクのコインパーキング経営では電子化や電気化に積極的で電気自動車充電システムや電子マネー・クレジットカード決済機を導入しています。 日本システムバンク「一括借り上げ方式」「運営委託方式」「共同運営方式」の3種類を提案しており、オーナーの一人一人の条件に合った経営方針を提案してくれるのが魅力です。

フィル・パークはザイン性の高い建造物を手掛ける建築会社として知られているフィル・カンパニーが運営している会社です。 フィル・パークのコインパーキング経営はコインパーキングの空中部分を活用する方針で 既にパーキング経営を行っている土地の上に商業施設を建ててオーナーが収益を得るという新しいシステムです。 コインパーキングの運営だけでなくテナントの集客や車の出し入れを容易にする建築設計を考えてくれることが他社にはない魅力です。

パークステーションは株式会社アークリンクが手掛ける会社でコインパーキング経営から月極駐車場、バイクステーションなどの経営をしています。 パークステーションのコインパーキング事業において一括借り上げ方式を申し込んだ場合、運営・管理に関する業務の一切をパークステーションに委託することが出来ます。 初期費用も全てパークステーションが負担してくれるため、オーナーは初期投資なしで経営をスタートさせることも出来るところが魅力です。

パートナーズはパーキング事業では時間貸し駐車場、月極駐車場や不動産事業では売買・仲介・管理・コンサルティングなど幅広い事業を手掛けている会社です。 パートナーズのコインパーキング経営では賃料が売上げに応じて変わるシステムのパートナーズプランとオーナーは毎月一定の賃料を受け取るサブリースプランの2つから選べます。 パートナーズの魅力はオーナーの提供する土地が大規模でも小規模でも適切に対応して利益が上がる仕組みを提供してくれるところです。

三井のリパーク(三井不動産リアルティ)は1994年に日本全国で駐車場事業を展開する企業です。路上駐車を減らし、カーシェアリングサービスを普及させるスマートなライフスタイルの実現を目指して、全国各地に展開しています。駐車場の種類は時間貸駐車場・施設型駐車場・月極駐車場・事前予約駐車場・自転車駐輪場の5つ。土地のサイズや形状に合う複数の駐車場から選択でき、オーナーにとって選択肢が広いことが魅力です。初期投資が少なくても短期から長期まで、土地の有効活用が可能。

エイブルパーキングは株式会社エイブルの連結子会社で、駐車場運営にかかるランニングコストが一切かからない(※アスファルト舗装費用除く)駐車場経営をオーナーに提供しています。 コインパーキングにかかる設備投資は、すべてエイブルパーキングが負担。ノーリスクで土地活用が行えるほか、事業運営や機器設置、機器のメンテナンス、利用者からのクレーム対応、駐車場の清掃まですべてお任せ。

Navi Parkはスターツアメニティー株式会社が提供する駐車場経営サービスです。駐車場を始めるにあたり必要なランニングコストが一切かからず、遊休地や賃貸住宅の付属駐車場、変形地など様々な土地も有効活用が可能。 相談から現地調査を経て、収支の予測や提案を行い、契約後の近隣への挨拶・駐車場工事・造成と舗装・機器設置まですべて一貫して請け負ってもらえます。 契約は一括借り上げ方式を採用。毎月一定の収入が得られるので、オーナー側で面倒な管理・運営の手間がかかりません。

ネクスパーク24は尼崎市を中心に、伊丹市・西宮市・大阪市とその周辺エリアでコインパーキング事業を展開しています。 空きが気になる月極駐車場や用途が定まっていない遊休地について、駐車場として活用することで、違法である路上駐車のリスクも減らしつつ、有効に土地を活用できるようになります。大きさや形状にかかわらず相談ができるのも、ネクスパーク24の魅力です。

「パークネット」は、新明和工業が管理しているパーキングシステム事業で、長年の技術とサービス力で土地オーナーの資産運用をサポートしています。基本的なサービス内容としては、毎月一定の賃料を支払いする一括借り上げ方式です。 駐車場の売上に関係なく、契約時の定額賃料を支払いすることができるため、土地オーナーは安定した収入を得ることができます。 一括借り上げ方式では、一時使用賃貸借契約が基本であることから借地権・営業権・賃借権などが発生しないのが特徴です。

一括借り上げ方式で土地を有効活用してくれる「ブーブーパーク」は、土地活用の選択肢としてコインパーキングを経営したい方の強い味方になってくれます。 リスクが低く安定した収入を得ることができるので、土地活用をしたことがないなど、初心者の方でも安心して運用することが可能です。 初期投資や設備投資など、面倒な手続きを全てブーブーパークが引き受けてくれるので、気軽に依頼することができるでしょう。

パラカ株式会社は、「駐車場事業」と「太陽光発電事業」を行っている会社です。その中でも、駐車場事業の種類として「賃借駐車場」と「保有駐車場」を実施しています。 また「賃借駐車場」は、パラカが不動産オーナーから土地や建物を借りた上で運営するタイプの駐車場で「固定方式」と「還元方式」があるのが特徴です。 固定方式は、土地を貸すことで毎月一定の賃料を支払ってもらうことができ、還元方式は駐車場の売上に応じて賃料を還元して支払われる方式になります。

株式会社愛住企画とは、賃貸物件やコインパーキング事業を行っている会社です。コインパーキング事業については、基本的に土地をオーナーが貸与するだけで収益に繋がる「土地一括借り上げ方式」となっています。 ただ状況に合わせて共同事業方式を選択することもできることから、土地運用について詳しい内容を相談することが可能です。 駐車場経営の情報と経験を持っている会社であることから、収益化に向けて安心して任せることができます。

コインパーキング経営を任せることができ「パークス」は、らくらく一括借りシステムが採用されています。初期投資も運営の手間もオーナーが管理する必要がないため、安心してコインパーキング経営を始めることが可能です。

すでに月極駐車場を経営している方や土地を持っている方であれば、気軽にコインパーキング経営を始めることができるので、一度「パークス」に相談してみるといいでしょう。土地活用のノウハウを持った会社であるため、安心して任せることができます。

コインパーキング経営を実施している「ナビパーク」では、一括借上げ方式が採用されています。土地を一括して借り受け、時間貸し駐車場の経営を任せることが可能です。土地のオーナーには、賃料として一定の金額を支払う方式になっているので、毎月安定した収入を得ることができます。

また駐車場の管理や経営を任せることができるので、面倒なメンテナンスなどを行う必要がないのも特徴です。駐車場の空き状況に関わらず、安定した収入を得ることができます。

土地の資産運用を検討している方に、コインパーキング経営を提案してくれる「コインパーク」は、土地一括借り上げ方式が採用されています。

毎月、土地の賃料を受け取ることができるので、安定した収入を得ることが可能です。また設備も準備してもらうことができるため、初期投資を抑えることができます。

機械の設置、運営管理、清掃、集金、メンテナンスの対応もコインパークが対応してくれるので、コインパーキング経営の手間を省くことが可能です。

不動産関連や海外事業などを手掛けている「リバイブル」は、土地の収益最大化のためコインパーキング経営のサポートも実施しています。「リバイブル」が実施しているコインパーキング経営は、土地を貸すだけで収益を上げることができる「一括借り上げ」を採用しているため、土地のオーナー様は経営の手間や初期費用なく、土地を有効活用することが可能です。

不動産管理のプロがコインパーキング経営を運営代行してくれるので、安心して土地を任せることができます。

不動産の専門家である「テクノ興産株式会社」は、「グリーンパーク」というコインパーキング経営を実施しています。

土地活用に悩んでいる方のために、「一括借りシステム」と「オーナーシステム」のコインパーキング経営のサービスを提供しており、オーナー様はどちらかの方法を選択することが可能です。

土地活用のプロであるため、有効に土地を利用し、オーナー様の代わりに安定したコインパーキング経営を実施してくれるでしょう。

コインパーキング機器の老舗メーカーである「バンテック」は、無人駐車場システムを導入しており、土地を有効活用する手段を持っている会社です。

コインパーキング経営としては、「一括借り上げシステム」と「個人経営形式」のプランが提供されています。

どちらか自分に合ったコインパーキング経営を選択することができるので、理想的な土地活用の手段を検討することが可能です。

土地を持っているものの、有効活用する手段を持っていないという方は、一度相談してみてください。

株式会社スペースプランは、「時間貸し駐車場(コインパーキング)」を土地オーナー様の代わりに運営する「一括借り上げシステム」と「個人運営形式」を採用している会社です。

一括借り上げシステムであれば、土地を貸すだけで、毎月一定の賃料を受けることができます。個人運営形式の場合は、運営管理はオーナー様がご自身で行い、その分の収益を受け取れる形式になっているのが特徴です。

土地を所有しているオーナー様が、プランを決めることができるので、理想的なコインパーキング経営を選択することができます。

駐車場管理機器の販売やリースを実施している「沖縄ゼネラル」は、オーナー様に有効な土地活用の提案を行っています。

コインパーキング経営では、「一括借り上げプラン」と「駐車場経営サポートプラン」を提供しており、好みの経営方法を選択することが可能です。

地域密着型で、土地の状況に合わせて、適切なアドバイスを専門家目線で教えてもらうことができます。

沖縄ゼネラルで提供されている機器やシステムは、高性能であるため、ビジネスを円滑に進めることができるでしょう。

土地を有効活用してくれる「アグナス」では、コインパーキング運用を実施してもらうことができます。アグナスでは「一括借り上げ方式」を採用しており、土地を貸すことで、一定の賃料を毎月受け取ることが可能です。

運営管理をアグナスに任せることができるので、副業としてコインパーキング経営を実施し、本業に専念することもできます。

専門家目線の経営を実施してもらうことができるため、安心して土地を有効活用してもらうことができるでしょう。

土地を所有している方や店舗運営の駐車場を有料化し、収益を上げたいという方に向けて、コインパーキング経営の提案をしてくれるのが「日本パーキング株式会社」です。 採用している運営方法は、「一括借上システム」で、毎月安定した収入を得ることができます。初期投資を抑えることができるので、土地を所有している方は、気軽に相談することが可能です。 また運営店舗の駐車場の有料化を目指す方には、店舗利用者以外の需要についても掘り起し、運営を検討することができます。

コインパーキング経営を実施している「セイワパーク」は、「一括借上方式」を採用しています。そのため、管理・運営の手間をかけることなく、土地を貸すだけで、毎月安定した収益を上げることが可能です。

設備投資にかけるお金は必要なく、初期費用0円で運営することができるので、土地を持っている方は安心して依頼することができます。

運営後のメンテナンス費用なども、セイワパークが負担してくれるため、有効な土地活用の手段として任せることが可能です。

加瀬倉庫のコインパーキングは東京・神奈川を中心に事業を展開しています。
加瀬倉庫には26年間の運営実績があり、コンテナ事業やバイクパーキングと併用した運営が出来ます。そのため、リスクを分散したコインパーキング経営を望んでいる方にぴったりです。 狭小地や変形地の活用も特異なため、お持ちの不動産の価値を最大限に発揮し、コインパーキング経営を安定させることができます。

株式会社エイコーレンタサービスが提供する「ParkLEPO-パークレポ-」はコインパーキング用地を一括借り上げします。そのため、費用や管理も不要で、安心して土地活用できます。

エイコーレンタサービスでは土地活用でお悩みのオーナー様に様々な土地活用をご提案しています。コインパーキング経営をはじめ、月極駐車場、コンテナボックス、バイク駐車場、自動販売機などコインパーキング経営など、はじめての土地活用の人でも安心してスタートできます。

株式会社リバイブルが運営しているRBパークは短期契約も可能なため、土地活用が初めてという方にもおすすめです。
初期費用負担ゼロで、オープン後の管理運営まですべてお任せできるので、手間をかけずに土地活用をしたい方にはピッタリです。
低リスクでの運用をしたい方はぜひRBパークを利用してみてください。

コインパーキング365では一人の担当者が一貫して対応を行います。

そのため、業務によって担当窓口が代わったり、途中で担当者が転勤等で変更になったりすることがなく、安心して相談をすることができます。

「停めやす」や「クレーム対応」等お客さんによりそった運営がポイントです。

林建設株式会社は機器整備の投資不要なので、手軽にコインパーキング経営を始められます。

また、借地権や営業権等は発生せず、2ヶ月前までのお申し出で解約・撤去できえるので、もしもの時も安心です。

事故やトラブルに関する対応をすべてお任せできるのも嬉しいポイントです。

第一興商は東証一部上場しており、実績と安心感のある企業です。

「リスクゼロ」で「安定した収入」を得られるように、オーナーを様々な面でサポートしてくれます。

全国120か所以上のネットワークを持ち、その土地の風土にあった運用方法を提案してくれます。

青菱コミュニティは先進的な駐車場機器を製造・販売している、三菱プレシジョン株式会社の直系子会社です。そのため、経営方針も様々な角度から最適な提案をしてくれて、バックアップ体制も充実しています。

新規の経営ではなく、今の駐車場経営を見直したいという相談も受け付けていますので、お悩みの方は一度相談してみてはどうでしょうか。

システムパークは東北地方にスポットを当てた、地域密着型の企業です。

オーナーの意向に沿うように、「月極駐車場の運営」、「コインパーキングの直接経営」、「土地の一括借上」など、さまざまプランの中から最適な提案をしてくれます。

投資費用を抑えるための相談にも乗ってくれるので、低コストで経営が開始できます。

コインパーキング経営で収益を得る仕組みとは?メリットを解説!

土地を持っていても放置しているだけで固定資産税が発生するため、扱いに困っているという方も多いのではないでしょうか。 そのため、マンションやアパート経営を検討する方もいますが、一から建築するには費用がかかります。そんな土地活用で人気沸騰中なのが、コインパーキング経営です。 上手く運営することが出来れば、初期費用もかからずリスクも低いので、収益を十分に得ることができます。今回は、コインパーキング経営で収益を得る仕組みやメリットについて解説していきましょう。

コインパーキングを経営する二つの方法

持っている土地でコインパーキングを経営するといっても、具体的には二つの経営方法があります。
どのような経営方法なのか、詳しく解説していくので参考にしてみてください。

1.自営経営

土地を所持しているオーナー様が土地整備や設備、集客管理などを全て行うコインパーキングの経営方法で、上手くいけば収入を多く得ることができるのが特徴ですが、初期費用や毎月のランニングコストを負担する必要があります。 そのため、売上は使用者の人数によって左右されることから、収入が比較的安定しにくいのが特徴です。

2.自営全部委託

土地の所有者が業者にコインパーキングの管理や経営を任せる方法で、初期費用や毎月のランニングコストもかからないのが特徴です。 土地を提供するだけで一定の賃料を得ることができるので、安定した収入を得ることができます。ただコインパーキングの稼働状況が良くても賃料は一定であるため、高くなることはありません。 二つのコインパーキング経営は、どちらもメリットデメリットがあるので、特徴を理解した上でどちらの手段が理想なのか決めていきましょう。

コインパーキングを経営するメリット

自営経営の場合は、車が駐車するごとに収益を得ることができ、自営全部委託の場合は、土地を貸すことで毎月一定の賃料を得ることが可能です。
そんなコインパーキング経営ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのか解説していきます。

短期間で収益を得ることが可能

車を駐車する目的で利用されるコインパーキングですが、設備が整いオープンするまで時間はかかりますが、一度経営がスタートすると利用する方も多いため、すぐに収益を得ることができます。 特に自営全部委託の場合は、業者と契約することで一定の賃料を得ることができるため、短期間で収益化が可能です。 自営経営の場合は、利用者がいなければ収益が発生することはありませんが、設置場所によっては、すぐに利用者が集まるので基本的には短期間で収益を得ることができます。 ただ自営全部委託の方が、工事の着工などスムーズに行うことから、素早く収益化を図りたいのであれば、業者に依頼する方がおすすめです。

経営労力が少ない

マンション経営の場合は、入居者が入るように広告や不動産会社との連携が必要になってくるなど、経営を進めるために労力がかかります。また入居者が増えたとしても、トラブルや退去後の対応など、経営を円滑に進めるためにも労力がかかるのが特徴です。 しかし、コインパーキング経営では、放置しているだけで収益を得ることができるので、経営労力が比較的少ないのがメリットになります。また自営全部委託であれば、コインパーキング経営に必要な設備も業者が揃えてくれるので、立ち上げの労力も必要ありません。

コインパーキングを経営する上でかかる費用

コインパーキングを経営するためには、精算機の設置やアスファルト塗装などが必要になってきます。ただ自営全部委託の場合は、業者が負担するため初期費用やランニングコストがかからないのが特徴です。 自営経営の場合は、どのような費用がかかるのか、詳しい内容を解説していきます。

初期費用

まずコインパーキング経営を行うためには、設備を充実させるためにも初期費用がかかります。精算機の設置費用やフラット設置、看板設置などの経費が必要になるでしょう。 他にも土地の調査費用もかかってくるので、コインパーキングを自営経営する場合は、十分な資金を準備しておく必要があります。

毎月かかるランニングコスト

自営経営の場合は、毎月のランニングコストもかかるため、一定の収益がなければ赤字になることもあります。毎月かかるランニングコストとしては、精算機のメンテナンス費用や電気料金、警備会社の対応費などが該当するので、自営経営の場合は赤字にならないように管理していく必要があるでしょう。

まとめ

土地を上手く活用することで収益に繋がるコインパーキングは、自営経営と自営全部委託の二つの方法があり、それぞれメリットやデメリットがあります。
自営経営の場合は、収益の全てを土地の管理者が受け取ることができますが、駐車場の稼働状況によって収益が左右されるので、安定しないことがあるので注意が必要です。
自営全部委託の場合は、土地の賃料として一定料金を業者から受け取ることができ、経営・管理を委託します。
経営労力が全くかからないので便利ですが、駐車場の稼働状況が良好でも収益は一定になります。
どちらの方法がいいのか、よく検討してみて土地を有意義な方法で活用していきましょう。