コインパーキングをオープンする前にやっておくべきことは?

コインパーキングをオープンする前にやっておくべきことは?

コインパーキング運営を円滑していくには、しっかりとした準備が必要です。 オープン前に行うべきことを整理してこなしていくことで、スムーズな運営につなげることができるでしょう。 この記事では、コインパーキングをオープンする前にやっておくべきことやオープン前のチェックポイントを紹介します。

オープン前に実施しておくこと

ここではまず、コインパーキングのオープン前に実施しておくべきことを2つに整理して紹介します。

駐車場検索サイトへの登録

コインパーキングのオープンにあたっては、駐車場検索サイトへ登録しておくことが非常に大切です。 実際の利用者は周辺地域を走りながら探すだけでなく、近年ではインターネットを活用してコインパーキングを探すことが一般的になっていると言えます。 周辺のコインパーキングは全て登録されていると考え、自分のコインパーキングだけが検索結果に出ないなどという不利を生み出さないためにしっかりと登録しましょう。 基本的には、無料で登録できるサイトが多数あります。

広告宣伝・挨拶回り

コインパーキングオープン前には、近隣への広告宣伝や挨拶回りが重要です。 周辺のお店や住居にチラシを配っておくことで、機会損失を発生させないようにします。 また、コインパーキングの周囲にのぼり旗を設置すると目立つため良いでしょう。 そして、広告宣伝と同じくらいに大切なのが挨拶回りです。 コインパーキング運営にあたっては騒音などで近隣とのトラブルが発生するものであり、ここで良好な関係を築いておくことが後々の対応に役立ちます。

オープン前の最終チェックのポイント

ここではコインパーキングオープン前の最終チェックポイントを2つに整理して解説します。

路面の不備

路面の不備は利用感に直結するため、オープン前に必ずチェックが必要です。 凹凸や段差の有無、穴の有無に加えて、コインパーキング内に引かれた枠線や表示のゆがみ、誤記なども確認しましょう。 数字の間違いや見分けやすさなどは、利用者目線に立ってみなければ分からない部分です。 可能であれば、実際に自分も運転してみると、コインパーキングの路面に隠れた欠点に気づきやすいでしょう。

機器・照明・看板の不備

機器や照明、看板にも不備がないか、必ずチェックをしましょう。 全ての機器が正常に電源を付けられるか、作動するかを確認していきます。 ロック板やゲートの昇降はスムーズにいかないとトラブルに直結してしまいますので、念入りに試運転をすべきです。 また、駐車場の全ての照明や機器が同時に作動しても電気の出力には問題がないかも、オープン前に確認しておくと良いでしょう。

コインパーキングオープン前にやるべきことを知ろう

コインパーキングのオープン前には、広告宣伝や近隣への挨拶回りなどを欠かさず行うべきです。 近隣住民との関係を良好に保ちつつ、売り上げにつながるように営業活動を行いましょう。 また、コインパーキングの路面や各機器にも不具合がないかをチェックすることで、スムーズなオープンと不要なトラブル回避が期待できます。