月極駐車場とコインパーキングの併用は効果的なのか?メリット・デメリットもご紹介

月極駐車場とコインパーキングの併用は効果的なのか?メリット・デメリットもご紹介

運営している月極駐車場に空き区画が増えてしまい、なんとかしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?月極駐車場の空き区画を有効活用する方法として、コインパーキングとの併用運営が注目されています。 この記事では、月極駐車場とコインパーキングを併用運営する方法や、そのメリット・デメリットについて解説していきます。

月極駐車場とコインパーキングの併用は可能?

結論から言えば、月極駐車場とコインパーキングの併用は可能です。 ここでは、自営で運営する方法と、管理会社に土地貸しする方法の2つについて紹介します。

自営で併用運営するケース

自営でコインパーキングを併用運営する場合は、精算機や車止めフラップ、入り口のゲートなどをすべて自費で設置する必要があります。 始めるにあたって高額の出費が必要ですが、コインパーキングでの収益はすべて自分のものになるため、稼働率が高くなるほど高収入を得ることができます。

管理会社に土地貸しするケース

初期投資や機材のメンテナンスは管理会社が行うため、舗装されている月極駐車場であればほぼゼロの出資でコインパーキング運営を始められます。 毎月決まった賃料が収入となるため、月極駐車場に空きが多くなってしまった方におすすめです。

メリット・デメリットをご紹介

続いて、月極駐車場とコインパーキングを併用運営するメリットとデメリットについて解説します。

併用運営するメリット

より高い利益率が期待できるコインパーキングと、安定した収入が魅力の月極駐車場を併用することで、両方の長所のいいとこ取りができます。 管理会社に土地貸しする場合も、空いている区画だけ貸すなど柔軟性が高い点もメリットとなっています。

併用運営するデメリット

月極駐車場とコインパーキングを自分で経営する場合は、高額な初期投資がネックになってきます。 見込みより稼働率が低かった場合は赤字になってしまうリスクも考慮しなければなりません。 さらに管理会社に土地貸しする場合は、稼働率がどんなに高くても賃料収入は変わらないといったデメリットが考えられます。

月極駐車場とコインパーキングの併用を検討しよう

月極駐車場の空き区画が有効に活用したい場合は、コインパーキングとの併用運営をおすすめします。予算に余裕がない場合でも、管理会社に空き区画を土地貸しすれば初期投資ゼロで安定した賃料収入を得ることができます。 施工から管理まですべてを管理会社に任せることができますので、興味がある方は一度相談してみてはいかがでしょうか?