コインパーキングのロックレスとは?その仕組みとメリットを紹介

コインパーキングのロックレスとは?その仕組みとメリットを紹介

コインパーキングに設置されている機械の種類は複数あります。 圧倒的によく見かけるのがロック式ですが、近年増えているロックレス式はご存知でしょうか? この記事では、ロックレス式の特徴を紹介します。

ロックレス式とは何か?

ここでは、ロックレス式とはどんなシステムなのか解説します。

車のナンバーを認識し管理するシステム

その名の通り、ロック板(フラップ板)のないシステムがロックレス式で、フラップレスとも呼ばれます。 ロック板やゲートの代わりに、監視カメラで車のナンバーを認識し管理しているシステムです。 車室ごとにあるポールセンサー内の高精度カメラにより、夜間でもナンバーを確実に認識できます。 インターネット回線の利用により、駐車場内の遠隔管理もできるので、現在の駐車状況がリアルに分かり、不正駐車についても瞬時に知ることが可能です。 ロック板によるゲート式の場合は入出庫時に時間がかかり、停電や故障などが起きると利用者に不便をかけることがありますが、そのようなリスクを回避できます。 ロック板やゲートなどのメンテナンスも省け、維持・管理が楽であることも、ロックレス式が広まりつつある理由といえるでしょう。

ロックレス式の仕組み

駐車時間に応じて課金し出庫時に精算するという流れは、ロック式の場合と同じです。 違いは、ロックレス式では駐車場と管理会社のデータセンター、及び精算システムがインターネット回線を通して一元化されていることです。 車両センサーで車を検知しナンバーが撮影されると、専用の管理ソフトでナンバー情報が登録されます。 利用者が精算機で料金を支払い出庫すると、精算の履歴がデータに残るという仕組みです。

ロックレス式のメリットとは?

ここからは、ロックレス式のメリットを紹介します。

ロック板がなく駐車しやすい

駐車スペースにロック板などの障害物がないため、利用者は入出庫しやすくなります。 バリアフリーにも対応できるので、オーナーにとってはより多くの利用者が見込めることがメリットです。

防犯効果が高まる

車室一台ごとに高性能の監視カメラが設置されており、車を常時撮影しています。 また、地面に埋め込まれたセンサーが車両の入庫を把握しているので、精算しないで出庫した場合も映像が記録され、セキュリティ面が万全です。 ロック式で起きやすい停め逃げのリスクがないことは、オーナーにとって大きなメリッといえるでしょう。

トラブル対応やメンテナンス作業が減る

ロック板がないので破損などのトラブルやメンテナンス対応が激減します。 利用者からのクレームも少なく、オーナーが現地に出向く回数を大幅に減らせるので、効率の良い運営が可能です。

メリットの多いロックレス式を利用しよう

ロックレス式は、監視カメラで車のナンバーを読み取って管理しているシステムです。 オーナーにとっては防犯効果の向上や、トラブル対応の減少などのメリットが期待できます。 画期的なパーキングシステム、ロックレス式をパーキング運営の選択肢の一つとして検討してみませんか?