コインパーキングの初期費用の相場とコストを抑える方法

コインパーキングの運用を始めたいと考えた際、まず気になるのがどれくらいの初期費用がかかるのかという点ですよね。 この記事では、コインパーキング運用開始にかかる初期費用の相場と、相場よりもコストを抑える方法を紹介していきます。

コインパーキングの初期費用の相場はいくら?


前提として、コインパーキングは駐車した時間によって料金が決まる、不特定多数の人が使用する駐車場を指します。

コインパーキングを始める際にかかる費用の相場は、100坪(330㎡)で10台の場合約255万~760万円です。
以下は費用の内訳です。

 

コインパーキング運用の初期費用の内訳

土地整備:約1,200~10,000円/㎡(100坪の場合40万~330万円)
精算機1台: 約50万~100万円
ロック板1台: 約10万~25万円(10台の場合100万~250万円)
看板・照明:約15万~20万円
設備工事: 約 50万~60万円

コインパーキングの初期費用を抑える方法

コインパーキングの初期費用の相場は、約255万~760万円と幅があります。 ここからは、コストはなるべく安く抑える方法を紹介します。

方法1 土地整備の種類を未舗装タイプにする


コインパーキングの初期費用を抑えるためには、土地整備の種類をリーズナブルな未舗装タイプにしましょう。

 

土地整備のタイプ別の相場
未舗装タイプ:約1,200円/㎡
アスファルト舗装:約4,500~5,000円/㎡
コンクリート舗装:約8,000~10,000円/㎡

 

100坪(330㎡)の場合、未舗装タイプとコンクリート舗装では約290万円もの差があります。

方法2 中古の機器を選ぶ

コインパーキングの初期費用を抑えたいのであれば、なるべく新品ではなく中古品の機器を選びましょう。 清算機は中古なら約50万円、新品なら約100万円が相場。 ロック板1枚は中古なら約10万円、新品なら約25万円が相場です。 精算機1台とロック板10枚の場合、中古を選べば新品より約200万円も安くなります。

方法2 管理会社を利用して運用する

コインパーキングの初期費用を抑えるために、個人運営ではなく管理会社を利用して運用する方法もおすすめです。 個人運営であれば初期費用を全て自分で負担することになります。 一方、管理会社を利用すれば、ケースにもよりますがほぼ初期費用がかからず、賃料を払うだけで運用を開始できます。

初期費用を抑えてコインパーキングの運用を始めよう!

100坪(330㎡)で車を10台とめられるコインパーキングを始める際、場合約255万~760万円の初期費用がかかります。 初期費用を安くするためには、土地整備を未舗装タイプにしたり、機器を中古品にしたりといった方法があります。 最もおすすめなのは初期費用0円からでも運用が開始できる、管理会社を利用して運用する方法です。 コインパーキングの運用をお考えの方は、ぜひ一度管理会社に相談してみてはいかがでしょうか。