コインパーキングの料金滞納!駐車場オーナーの対策法は?

コインパーキングの料金滞納!駐車場オーナーの対策法は?

コインパーキングの運営でオーナーを悩ませるのは、借主の料金滞納です。 滞納が続くと、トラブルになるケースも少なくありません。 この記事では、コインパーキングでの料金滞納・未払い例と、オーナーが取るべき対策法を紹介します。

コインパーキングでの料金滞納・未払い例

ここでは、実際に発生したコインパーキングでの料金滞納・未払いの例を紹介します。

料金滞納・未払い例1

Aさんの経営するコインパーキングに、契約が切れているにもかかわらず、車をずっと置きっぱなしにしている借主がいます。これまでに月額10,000円の料金を払ったのはたった1回だけでした。オーナーの話では、コインパーキングの料金と支払いについて定めた契約書を交わしていないため、未払金の請求について悩んでいます。

料金滞納・未払い例2

未払い例1と似ているケースですが、コインパーキングの料金月額15,000円を3年4か月も滞納している借主がいます。他の人に貸していれば、これまでに60万円が入金されていたでしょう。このケースでは、契約時にすでに車検が切れていたことから、車を放置するつもりでコインパーキングを契約した可能性があることが分かりました。

料金滞納・未払い例3

月極駐車場の場合ではなく、コインパーキングでの料金支払い時に、フラップを乗り越えたり、バーを壊したりなどで無理やり出庫し、料金を支払わないケースもあります。

滞納・未払いへの対策法

ここからは、滞納・未払いへの対策法をご紹介します。

契約時に契約書を結ぶ、滞納があれば文書で請求する

契約時に支払いに関して正式に契約書を結んでおくことが重要です。 契約書がなければ、料金を何カ月も滞納されても、オーナーは泣き寝入りすることになるかもしれません。 契約書には、延滞料金や駐車場契約の解約通知などについても記載しましょう。 しっかりとした内容の契約書があれば、料金滞納は防げるはずです。

駐車場管理会社に委託する

コインパーキング経営者にとって、料金未払いが続くと収入が少なくなるばかりでなく、回収に向け労力がかかるため、大きな負担となります。 負担をできるだけ減らしたいのであれば、不動産会社または駐車場管理会社に管理を委託するという選択肢もあります。 経営を委託し、管理会社から賃料として収入を得ることが可能です。 管理会社に委託すると、未払い例3のような料金踏み倒しのケースにも対応してもらえるでしょう。

コインパーキングの料金滞納は早めに対応しよう

コインパーキング運営でよく起こるトラブルの1つが料金滞納問題です。 料金を滞納されても、契約時に支払いについて記述した契約書を結んでいれば、電話や手紙で催促し、最悪の場合、駐車場契約の解約を通知することもできます。 料金滞納は被害の額が大きくなる前に早めに対応しましょう。