コインパーキング経営って儲かる?基礎知識や仕組みについて

コインパーキング経営の仕組み

手軽な土地活用方法として、注目を集めているコインパーキング。使っていない土地を持っている方にとって、気軽に始められる資産運用方法の一つです。
しかし、コインパーキング経営が未経験であれば、「本当に儲かるのか」「そもそもどのような仕組みで収入を得られるのか」などは大きな疑問でしょう。
そこで、今回はコインパーキング経営に関する基礎知識や、仕組みなどについて紹介します。
せっかく所有している土地を持て余さないためにも、チェックしておきましょう。

コインパーキング経営とは

コインパーキング経営とは、文字通り所有している土地を「コインパーキング」として活用する方法です。
更地を貸駐車場として提供し、賃料として収入を得ます。建物を建てたり、大掛かりな設備設置したりという工程は不要なため、初期費用を抑えつつ土地活用をできることから人気を集めています。
ちなみに、コインパーキングは月極駐車場とは異なり、1か月定額を受け取るわけではありません。基本的には、「1時間の利用につき〇円」といったスタイルで賃料を受け取ります。そのため、月々得られる賃料に差があるのが特徴です。

コインパーキング経営の基礎知識

コインパーキング経営に興味があるなら、まずは基礎知識を把握しておく必要があります。
実際に経営を始める前に、以下の内容を把握しておきましょう。

土地活用初心者にもおすすめ

コインパーキング経営は土地活用において、知識や経験が浅い方にもおすすめできます。
そもそもコインパーキング経営は初期費用が安価で済む傾向にありますし、「コインパーキング経営をやめたい」という場合にも、すぐに更地にできるため、手軽にチャレンジしやすいのです。
また、建物を建てることが難しい「狭い土地」であっても、コインパーキング経営なら対応できるでしょう。
賃貸住宅の経営や、商業施設の経営などと比べると、コインパーキングは難易度が低く挑戦しやすいといえます。

周辺環境の影響を受けやすい

コインパーキング経営において、知っておくべき基礎知識といえるのが「周辺環境」の影響です。
コインパーキングで安定した収入を確保するためには、常に利用者がいることが前提です。そのため、周辺に商業施設や娯楽施設、観光スポットなどがあると常に満車を維持しやすく、安定した収入を確保しやすいでしょう。
また、人口が多い地域、車通りが多いエリアなどの土地もコインパーキング経営におすすめできます。

コインパーキング経営の仕組み

コインパーキング経営を始めるにあたり、気になるのが「本当に儲かるのか」という点でしょう。
ここからは、コインパーキングで収入を得られる仕組みについて紹介します。

経営スタイルは「自己経営」「管理委託」「土地賃貸」の3つ

コインパーキングにおける経営スタイルは、大きく「自己経営」「管理委託」「土地賃貸」の3つがあります。
自己経営とは、コインパーキングとして活用するための準備や、経営スタート後の管理業務などを全て自分で行います。
また、管理委託とはコインパーキング経営に関わることを、専門業者に委託するスタイルです。利用者のクレーム対応や、トラブル対応なども担ってくれます。
なお、土地賃貸は土地を丸ごと貸し出し、コインパーキング経営に関わることを全て委託する経営方法です。管理業務だけではなく、集客や活用するための準備も含め全てになってもらうことができ、依頼者は「地主」として収入を確保できます。
コインパーキング経営を検討しているのであれば、「自己経営」「管理委託」「土地賃貸」のうち、自身に合う経営スタイルを選びましょう。

設定した料金次第で高収入に

コインパーキング経営では、設定した料金次第で高収入を確保しやすくなります。
基本的に、コインパーキングは「30分〇円」「1時間〇円」といったように、一定時間ごとのに加算していく仕組みが採用されています。そのため、貸し出す料金が高額であるほどに、収入が高くなりやすいのです。
とはいえ、周辺のコインパーキングの相場よりも高すぎると、利用者が減ってしまうリスクがあるため、ある程度相場に合わせて調整する必要があります。
コインパーキングの需要が高いエリアであれば、多少金額が割高であっても利用者を確保しやすいため安心です。

コインパーキング経営を始めよう

コインパーキング経営は、さまざまな土地活用方法の中でも手軽かつ安定性の高い活用スタイルです。
土地を所有しているものの持て余している方は、ぜひコインパーキング経営を始めてみてはいかがでしょうか。
また、コインパーキング経営は狭い土地でも始められるため、「これから土地を確保したい」という方であっても、狭い土地を少ない金額で購入して経営をスタートできます。
副収入としても人気の経営スタイルですので、ぜひこれを機にコインパーキング経営を始めてみてください。