コインパーキング経営は土地活用におすすめ?他の方法もあわせて解説

コインパーキング経営と他の土地活用の説明

「所有している土地を有効活用したい」「安価な土地を購入して副収入源にしたい」など、土地の有効活用を検討している方は多いものです。
しかし、一方で「具体的にどんな活用方法を選べばいいのか分からない」と悩む方が少なくありません。
そこで、今回は土地活用の定番であるコインパーキング経営や、その他の土地活用方法について紹介します。
自分に合った土地活用を実践するためにも、本ページでチェックしておきましょう。

土地活用方法の種類

まずは、土地活用方法の種類について紹介します。どのような活用方法があるのか、以下を参考にしてください。

コインパーキング経営

コインパーキング経営は、所有している土地をコインパーキングとして貸し出す土地活用スタイルです。
車を数台駐車できる広さの土地であれば、コインパーキングとして経営をスタートすることができます。
コインパーキングの場合は、主に「精算機」「ロック板」などの設備で集金ができるため、管理の手間が少ない傾向にあります。
また、コインパーキングは、比較的低予算で経営を始められるのが魅力です。

月極駐車場経営

月極駐車場経営は、「1か月単位」で駐車場を利用者に貸し出すスタイルの経営方法です。
「自動車一台につき1か月1万円」といったように、定額で貸し出すため、長期間安定した収入を確保しやすいといったメリットがあります。
しかし、一方で「精算機」を設けるケースは少なく、自分で集金を行わなければならないといったデメリットがあります。まれに、無断駐車をされるケースもあることから、トラブル対応に追われるリスクがあるので注意してください。

コインランドリー経営

土地活用方法の一つとして、注目を集めているのが「コインランドリー経営」です。
人件費が不要で、建物や設備さえ整えれば収入を確保することができます。しかし、コインランドリーは、乾燥機や洗濯機など大型の設備を複数取り入れなければならず、初期費用が莫大な額になりがちです。
また、設備を定期的にメンテナンスしなければならなかったり、マナーの悪い利用客によって設備の故障・不具合・汚損が起きてしまったりなどのリスクもあります。
固定客を確保できれば安定した収入になりやすい一方、立地によっては「コインランドリーの存在が周知されない」といったケースもあるので、ややハイリスクな土地活用法といえます。

トランクルーム経営

数ある土地活用方法の中でも、手軽に始められるのが「トランクルーム経営」です。
トランクルーム経営は、「トランクルーム」を土地に設置するだけで始められる活用方法ですので、初期費用を安価に済ませやすいといったメリットがあります。
また、経営を始めやすいだけではなく、撤退する場合も手間がかかりません。つまり、土地転用しやすい活用方法なのです。
とはいえ、利用金額の相場は1か月あたり数千円~と比較的安価であることから、トランクルームの数が少ないと副収入としても物足りないものとなってしまいます。

太陽光発電経営

一時期ブームにもなった「太陽光発電」は、土地活用方法の定番となりつつあります。
太陽光発電経営は、「太陽光発電システム」と呼ばれる専用の設備を設置し、得た電気を売却して収入を確保するといったスタイルです。
近年は、ブームが去ったこともあり、専用設備の購入価格が安価になってきています。しかし、その一方で電気の売却金額も安くなってきている状況です。
これから先、電気の売却金額が高まる見込みは少なく、今後も下落傾向が続く可能性があります。そのため、長期経営を視野に入れているのであれば太陽光発電経営は不向きでしょう。

「土地活用」ならコインパーキングがおすすめ?

さまざまな土地活用方法がありますが、初期費用の安さや経営の手軽さ、安定した収入の確保のしやすさなどの面から見ると、「コインパーキング」がおすすめです。
立地や周辺環境、地域の傾向(車の所有者が多いなど)など、影響を受けるポイントは多いものの、ローリスクな土地活用として知られています。
これから土地活用を検討しているのであれば、コインパーキング経営を検討してみてはいかがでしょうか。

土地活用方法を知って自分に合った経営を

今回は、土地活用方法について紹介しました。
一口に「土地活用」といっても、駐車場やコインランドリー、太陽光発電など、選択肢は幅広いのが現状です。それぞれ、特徴や魅力、リスクなどは大きく異なるため、どの活用法が自分に合っているのかを慎重に判断しなければなりません。
「ローリスク重視」「安定性重視」など、外せない条件を明確にしながら、有効に土地活用をしましょう。