コインパーキングの料金設定はどうする?料金実例も紹介します!

コインパーキングの料金設定はどうする?料金実例も紹介します!

コインパーキング運営を考える際に、売り上げを出すために非常に大きな要素が、「料金」だと言えます。 同じ条件のコインパーキングでも、料金設定次第で売り上げは大きく異なるのです。 この記事では、コインパーキングの料金はどのように設定すれば良いのか、コインパーキングの料金設定事例を紹介します。

コインパーキングの料金設定はどうすれば良い?

ここでは、コインパーキングの料金設定方法について解説します。

地域の相場に合わせる

コインパーキングの料金を決める際には、地域の相場に合わせることがとても大切です。 コインパーキングは駅からの距離や周辺の状況などを加味して、適正な利用料金を決定します。 必然的に地域の相場が決まってくるため、しっかりと確認する必要があるのです。 同じ都道府県の中でも立地条件の違いによって土地代などが変わるため、「都道府県別相場」などのネット情報だけで決めてしまうと実情と異なる可能性があります。 やはり周辺の競合コインパーキングの設定金額を確認して、最終的に決めるのが最も無難でしょう。

競合と全く一緒にはしない(競合を見て変えていく)

地域の相場に合わせることが大切ですが、売り上げを伸ばすためにはもう少し踏み込んだ料金設定が必要です。 具体的には、以下のような工夫をしてみましょう。 ・競合コインパーキングより上限料金を安く設定する ・競合コインパーキングより時間単位を長く・高く設定する 収益を上げやすくするには、上限料金を競合よりも少し安く設定することがポイントです。 上限料金を気にする人は上限料金を支払う可能性が高いと思っている人、つまり長時間停める予定の人であり、上限料金のなるべく安いところに停めたいと考える傾向があります。

コインパーキング料金の実例

ここからは、様々なケース別にコインパーキング料金設定例をご紹介します。

近くに観光地があるケース

<料金例> ・8:00~22:00 平日:10分100円 土日祝日:30分500円 ・22:00~8:00 全日60分100円 夜間最大料金:300円 近くに観光地があり、旅行者の利用が見込めるケースでは、平日と土日祝日とで料金プランを分けて設定します。 そして利用者が多い土日祝日の料金を高めにし、日中は回転率を上げるため最大料金設定をせずに時間経過ごとに料金が加算されるかたちにしましょう。

オフィス街のケース

<料金例> ・最大料金 入庫後12時間以内700円(1回に限り) ・8:00~22:00 60分300円 ・22:00~8:00 全日60分100円 オフィス街では、なるべく時間単位を粗めに(長めに)設定します。 ビジネスユーザーは基本的に自分ではなく会社が料金を支払うため、100円、200円程度の料金の違いはあまり気に留めないためです。 例えば「20分100円」と「60分300円」ではどちらも同じく10分辺り100円かかりますが、30分だけ停めたケースでは前者は200円、後者は300円と100円の違いが出ます。 個人で考えると大きな違いですが、ビジネスユーザーはこれくらいの金額差は気にしないため、積み重ねによって収益率が大きく異なるのです。

コインパーキングの料金設定にこだわろう

コインパーキングの料金設定は基本的に周辺の競合に合わせることが大切ですが、競合よりも最大料金を低くするなどプラスアルファの工夫がコツです。 場所だけでなくオフィス街か観光地かなどの条件によっても料金設定は異なるため、綿密なリサーチのうえで最終決定をしましょう。