建築予定地をコインパーキングにするのはアリなの?

建設する予定の土地があるけれど、工事を始めるまで有効活用したいという方もいらっしゃるでしょう。 この記事では、建設予定地の活用方法としてコインパーキングはアリなのかを解説します。

建築予定地をコインパーキングにすべき?しないべき?


建設予定の所有地を活用したい場合、コインパーキングにするのがおすすめです。
コインパーキングにすると以下の3つのメリットがあります。

建設予定地をコインパーキングにするメリット
・短期間でも収益化できる
・所有地がきれいになる
・所有者の都合でいつでもやめられる

メリット1 すぐ始められる

コインパーキングの運営に必要な設置物は少ないので、準備期間が短くすぐに運営を開始できます。 そのため、遊休地をコインパーキングにすれば、建設予定までの期間が短い場合でも収益化することが可能です。 一方、アパートやマンション経営によって収益化しようとすると、建設が完了して運用を開始するまで約1年近くかかります。

メリット2 いつでも運営をやめられる

コインパーキングを個人運営する場合、完全に自分の都合でいつでも運営をやめられます。 運営会社と契約をする場合も、1カ月ほどの短期間から契約可能な業者もあります。 また、撤去もすぐできるので、建設予定間近まで運営を続けられます。 一方、アパートやマンションを建ててしまうと、入居者との契約があるのですぐに貸し出しをやめるのは難しくなります。 さらに、撤去するにも時間がかかるので、余裕をもって契約を解除する必要があり、収益が発生しない期間が長くなります。

メリット3 管理する手間が省ける

所有地をコインパーキングにすると、建設予定日まで管理する手間が省けるメリットもあります。 所有地を放置してしまうと、ゴミの不法投棄がされやすくなり、管理する手間が増えるという問題が発生しがちです。 一方、所有地をコインパーキングにすると、所有地がきれいになって不法投棄されにくくなります。 また、コインパーキング運用の手間をかけたくない場合は、コインパーキング管理会社に土地を貸す方法を選択すれば、実際の運用を全て丸投げできます。

建築予定地をコインパーキングにして短期間でも収益化しよう!

コインパーキングに必要な設備は少ないので、運営開始準備と元に戻す撤去作業はすぐに終わります。 そのため、建築予定地で使える期間が短い場合であっても収益化が可能です。 もし予算がない場合でも、コインパーキング管理会社に土地を貸し出す方法であれば、初期費用0円で運営を始めることが可能です。 建設予定日まで余裕がある土地をお持ちの方は、ぜひ一度コインパーキング管理会社に相談してみてください。