コインパーキングで利益が出ない?赤字になるケースと対策を紹介!

コインパーキングで利益が出ない?赤字になるケースと対策を紹介!

コインパーキング経営は、土地活用の中でも手軽に始められ、ローリスクということもあり、年々投資する人が増えています。 しかし、ローリスクとはいえ、事前の準備や調査を怠れば、赤字になるケースは少なくありません。 この記事では、赤字経営になってしまうケースと赤字にさせない対策を紹介します。

コインパーキングで赤字が出てしまうケースは?

ここでは、コインパーキングの運営で赤字が出るケースについて解説します。

近隣にコインパーキングの競合ができた

スタート当初は利益が出ても、近隣の土地に別のコインパーキングができると、価格競争に負けて撤退に追い込まれるケースは頻繁にあります。 コインパーキングは、料金以外で差別化することが難しいため、利用者はわずかな金額の違いでも安い駐車場を選びます。 コインパーキングの場合、頻繁に料金を変更するなど、戦略的な料金設定が必要です。

税金の支出をシミュレーションしていなかった

土地に自宅または賃貸住宅を建てれば、土地の使用が限定的となるので固定資産税が減税されます。しかし、土地をそのまま使用するコインパーキング経営では税制面での優遇は受けられません。 固定資産税だけでなく、都市計画税、償却資産税、消費税などの様々な税金が課されます。税金を考慮に入れていないと、思わぬ支出で赤字に陥ってしまいます。

コインパーキング運営を赤字にならない、させないための対策とは?

ここからは、赤字にならないための対策を紹介します。

周辺のリサーチを徹底する

コインパーキング経営を始める前に、周辺の状況を十分にリサーチしておくことが必要です。 まずは需要をしっかりと見極めましょう。利用者の立場に立って、駐車場に車を置いて買い物がしたいエリアであるか、どの場所であればコインパーキングを利用したいと思うかなどを考えることが大切です。 また、需要に対して、今後供給を増やせるかどうか、さらに将来的に街の開発プランなどがないかもチェックし、人も車も増えそうな場所を選んで運営することがポイントです。

信頼できる管理会社を選ぶ

個人でコインパーキングを運営すれば、管理会社に委託をするより収益は上がりますが、その分失敗するリスクも高くなるでしょう。 とくに駐車場経営が初めてというオーナーは、駐車場運営会社に管理を任せることをおすすめします。 ただし、中には設備不良の発生など管理がずさんな会社もあり、トラブルが度々起きると利用者も減ってきます。 そのため、管理会社選びでは口コミなども参考にしながら、複数の会社を比較して判断しましょう。

コインパーキング経営の赤字を防ごう

コインパーキング経営が赤字になりやすい大きな理由として、リサーチ不足が挙げられます。 需要のあるエリアかどうか、税金はどのくらいかかるかなど、あらかじめリサーチを徹底し、赤字にさせない対策を立てましょう。