コインパーキングのゴミ対策はどうする?清掃はどうすれば良い?

コインパーキングのゴミ対策はどうする?清掃はどうすれば良い?

コインパーキングには利用者だけでなく様々な人が立ち入るため、様々なゴミを捨てられてしまうものです。 そのためコインパーキング運営を円滑に行っていくためには、適切なゴミ対策が必要だといえるでしょう。 この記事では、コインパーキング清掃の重要性や捨てられるゴミの種類、ゴミ対策を紹介します。

コインパーキング清掃の重要性

コインパーキングにおいて、清掃は重要な要素です。 利用者は駐車料金や使いやすさだけでなく、意外なことにコインパーキングのきれいさについても気にしているものです。 ゴミが散乱し、清掃されていないコインパーキングだと、場合によっては利用を見送られる可能性もあるでしょう。 また、ゴミのせいで物理的に入庫ができなかったり、利用者や周辺住民からのクレームにつながったりする可能性も考えられます。 さらに、万が一釘などが散乱していたらパンクなどのトラブルにつながることも考えられるでしょう。 利用者に好印象を与えてクレームを防ぐ、そして売り上げを上げていくためにも、コインパーキングの清掃は非常に大切なのです。

コインパーキングにはどういったゴミが多いのか

コインパーキングに捨てられるゴミは、以下が中心だといえます。

 

・空き缶
・たばこ
・生ゴミ

 

特にたばこの吸いがらのポイ捨ては、どの駐車場でも非常に悩ましい問題だといえるでしょう。
近年は様々な場所が禁煙になっているため、駐車場で喫煙してしまう方が増えています。
利用者だけでなく、近隣の住民や事務所に勤めている方などがコインパーキング内で喫煙をするのです。
また駐車場で休憩した方がペットボトルや空き缶、食べかすなどを捨てていくケースも多くあります。
ただし上記はあくまでも一例であり、実際には利用者だけでなく周辺の住民などがゴミを捨てることがあるため、種類は様々です。
吸いがらから粗大ゴミまで、何でも捨てていってしまう方がいます。

コインパーキングのゴミ対策はどうすれば良い?

コインパーキングのゴミ対策としては、以下が挙げられるでしょう。

 

・看板の設置
・監視カメラの設置
・照明を増やす

 

上記のような、利用者や周辺住民に正しいコインパーキングの使い方を促すような方策は、非常に有効でしょう。
また、定期的な清掃を行うことも、ゴミ対策としては効果的だといえます。
定期的に清掃をすればコインパーキングをきれいに保てるだけでなく、「きれいな場所にはゴミを捨てづらい」という心理が働くことも期待できます。
もし上記のような活動に時間を割くことができないのであれば、駐車場の管理そのものを管理会社に委託することを検討すべきでしょう。

コインパーキングのゴミ対策を万全に!

コインパーキングのゴミ対策は、売り上げを上げていくだけでなくクレームやトラブルを避けるためにも非常に重要だといえます。 コインパーキングには吸いがらや空き缶だけでなく生ゴミや粗大ゴミなども捨てられることがあるため、運営側としては注意をしなくてはなりません。 監視カメラや看板の設置、照明を増やすなどの対策の他、定期的に清掃をすることも大切でしょう。