コインパーキングに導入する設備機器にはどんなものがある?

コインパーキングに導入する設備機器にはどんなものがある? コインパーキング運営をスタートさせるためには、土地探しが必要ですが、その次に重要となるのが設備機器の設置です。 そのためこの記事では、コインパーキングに導入する一般的な設備機器について解説します。 必要な設備機器について調べている方は、ぜひともご参考にしてみてください。

コインパーキングに設置する設備とは?

ここでは、コインパーキングに設置する基本的な設備について解説します。

看板


コインパーキングに設置する看板には、以下のように沢山の種類があります。
・P看板
・料金看板
・利用案内看板
・利用規約

特にP看板は、一般道を走っている車両の運転手にコインパーキングの存在を示し誘導するために非常に大切だと言えるでしょう。

照明

コインパーキング内を安全に保つためには、照明の設置も欠かせません。 近年では安全で長持ちし、明るいLED照明が基本的にはおすすめされます。 必要な数はワット数によっても異なりますが、基本的には車室10台分あたり1~2台の照明が一般的だと言えます。

精算機

コインパーキングの運営に欠かせない設備が、精算機です。 コインパーキングには様々な運営方式がありますが、基本的に無人で運営をするためには自動支払いが可能な精算機の設置が不可欠でしょう。

ロック板

ロック板は、ロック式のコインパーキングを運営するうえでは必要になる設備です。 自動車が停車していると機械が判断するとロック板が上昇し、駐車料金を支払うことで下降します。 ロック式は規模が小さいコインパーキングで採用されることが多く、ロックレス式のコインパーキングであれば設置する必要はありません。

カメラ

防犯カメラや監視カメラは、トラブルを未然に防ぐために有効な機器だと言えます。 場内での事故や利用者同士のトラブル、ゴミの不法投棄や落書きなどといったトラブルの抑止力になり、いざ問題が発生した時も早期解決につながります。 また、ロックレス式駐車場の場合は駐車車両の管理のために欠かせない設備です。

すべての機器を設置した方が良いのか?

これまで紹介した設備は、すべてを必ず設置しなければならないというわけではありません。 原則としてはコインパーキングの運営に必要なものだけを選択して導入すると良いでしょう。 例えば、ロック板は不要な運営形態があり、看板も必ずしもすべての種類を設置しなくてはならないわけではありません。 その他にも照明の種類や数など、予算や必要性に応じて効果的な選択を行うと良いでしょう。

コインパーキングに必要な設備機器を理解しよう

コインパーキングには、照明や看板、精算機など様々な設備機器を設置します。 ただし、コインパーキングにはすべての機器を設置しなければならないというわけではなく、状況に応じて必要な機器をチョイスすれば良いでしょう。