コインパーキングを運営していく上で受けることが多いクレームとは?

コインパーキングを運営していく上で受けることが多いクレームとは?

コインパーキングを経営していく上でどうしても発生してしまうのがクレームや苦情です。 クレームを放置しておくと評判が悪くなるだけではなく、近隣住民とのトラブルにつながる可能性もあります。 この記事では、よくあるクレームの一例や対策、予防策について解説します。

コインパーキングで受けるクレームの一例

ここでは、コインパーキングで受けるクレームの一例を紹介していきます。 どのクレームも日常的に起こりえるものですので、しっかりと対策を考えていきましょう。

ゴミの放置、不法投棄

「駐車場にゴミが散乱しているので片づけてほしい」といったクレームはコインパーキングにはつきものです。 利用者が放置したゴミだけでなく、利用者以外がゴミを持ち込むケースも見受けられます。

設備トラブル

「お釣りが出てこない」「フラップが下がらない」「ゲートが開かない」などといった設備のトラブルもよく起こりえます。 ほとんどの場合は自然故障が原因ですが、中には故意に破壊されてしまうケースもありますので、何らかの予防策を取ったほうがよいでしょう。

近隣住民からの苦情

住宅街にあるコインパーキングでは、「夜間に話し声がうるさい」「ライトが付けっぱなしで眩しい」「排気ガスが臭い」といった苦情が寄せられることがあります。 売上に直結する問題ではないため後回しに考えてしまいがちですが、近隣住民と良好な関係を維持することはコインパーキングの評判を良くするために必要です。

クレームの対策や、予防策は?

ここでは、実際にクレームがあったときの対策や予防策について解説します。クレーム対応をおろそかにすると別のクレームの原因になり、悪循環に陥るパターンも懸念されます。早めに手を打っておきましょう。

こまめに見回り、清掃する

こまめに場内を清掃することでコインパーキングの評判が良くなるほか、定期的に人が出入りすることで防犯効果も高まります。 運営しているコインパーキングが遠方にある場合は、管理会社もしくは清掃業者に清掃を委託するとよいでしょう。

防犯カメラを設置する

ゴミの不法投棄や故意の破壊行為、イタズラなどを予防するために防犯カメラを設置しましょう。 撮影中であることを看板などで表示しておくことでより効果が期待できます。 実際にトラブルが起きたときも証拠として残しておくことができます。

フェンスや掲示板などで対策する

場内をフェンスで囲うことで騒音やライトによるクレームを予防できます。 掲示板などを設置し注意を促すことで、近隣住民の評価を上げることにもつながります。

早めの対策でコインパーキングのクレームを予防しよう

無人で営業するコインパーキングにゴミや騒音のトラブルはつきものです。 一度落としてしまった評判を取り戻すには時間がかかりますので、想定できるクレームには早めに予防策を取りましょう。